2011年05月09日

酒のない生活

あの忌わしい事件が起こったのが4月18日。(『あーあ、またやってしまった』)

今日がちょうど3週間目になりますが、断酒生活はいまだに続いています。


今度ばかりはあまりにも後悔の念が強く、それが(それ程苦も無く)断酒を続けていられる原動力?になっているのかも。(笑)

お酒を飲もう、飲みたいと思う前にあの夜のタクシーの中にいる自分が蘇ってきて、”飲みたい願望”がスッと消えてしまう。(いいような悪いような・・・)

家にはまだ栓を抜いてない1升瓶がずっと置いたまま・・・(泣)


ちょっと困るのは酒のお誘い。

月1の定例飲み会を先月欠席し、今月もまた13日にお呼びがかかったけれど何とか都合をつけて(都合を見つけて?)出ないようにしなくては。

帰りの「ちょっと一杯」も完全にストップ状態で、一緒に飲んでいたお仲間は何かあったと思っているだろうなあ。(ー.ー")


あと異動後の歓送迎会なども要注意。

いざとなればウーロン茶にすればいいのだろうけど、そんな状況に耐えられるかどうかは自信がない。 o(´^`)o

ノンアルコール・ビールという手もあるけど、それだと呼び水になってしまいそうだし・・・。


というわけで、もうしばらくは断酒生活を続けるつもりです。(ああ、反動が怖い・・・)









タグ:断酒 禁酒
posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:49 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

あーあ、またやってしまった

60過ぎてもまだ記憶がなくなるほど飲んでしまうバカがここにいます。

もう昔みたいに酒を飲み過ぎることなんかないと思っていたのに、またやってしまいました。


今日は一日自己嫌悪の日。(=_=;)


そして一大決心。当分の間(2か月目標!)アルコールを止める!!


ゆうべの消えた記憶を呼び戻すべく、途切れ途切れの記憶をつなぎ合わせてみると・・・


・学生時代の友人と3人で新宿で飲んだ。

・焼酎(黒丸)のボトルが1升瓶で2,980円と安かった。

・会計の時の記憶は跳んでいるが、今日一人の友人に電話して聞いてみたらちゃんと割り勘で払っていた。

・新宿駅で別れた。(別にヨロヨロはしていなかったそう)


その後のかすかな記憶を辿ると、湘南新宿ラインに乗って渋谷か横浜に行こうとした。

ところがいつまで経っても着かないどころか、目が覚めると駅が人気のない寂しい感じになっているのに気づく。

もしかして逆方向のに乗ってしまった??と気づいてももう遅い。ある駅で見たものは「宇都宮」と書かれた文字が。(lll゜□゜)

次の駅の表示? それとも宇都宮方面行きの表示?なのかは分からないけど、駅の感じから宇都宮駅でもない。

タクシー乗り場に行って運ちゃんにここは宇都宮(市内)と聞いてガーン。(一つ手前の駅か?)
|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||



そしてここが酔っ払いの悲しい性なんでしょうが、普通なら宇都宮駅周辺に出てどこかホテルを探すと思うのに、帰巣本能がやたら働いて「横浜まで行って」と言っていました。


(今日、湘南新宿ライン新宿駅の時刻表をネットで見てみると、昨日の夜8時過ぎの宇都宮行きは21:24発の各駅しかないことが分かりました。宇都宮の一つ手前で降りたとすると23:09着ということに。当然上り電車はもうありません)


で、朦朧とした頭で、帰巣本能の命じるままにタクシーに乗り込んだのです。


しかしお金が・・・あんまり・・・ない・・・( ̄ェ ̄;)


コンビニATMで下ろすことにして、運ちゃんには途中セブンイレブンがあったら止めてとお願いしました。

料金メーターは未だ見たこともないような数字が容赦なく更新を続けています。(思わず目をそらせてしまった)


2時間くらい経ったでしょうか、あるコンビニの前で止まったのでATMで6万円ほど下ろしました。そして車に戻ると、もうガソリンがないから他のタクシーに替わって欲しいと言われ、そこに止まっていたタクシーにバトンタッチということに。そこで一旦精算は、〆て4万5千円也。(◎-◎;)


次のタクシーは後でレシートを見ると都内のタクシー会社だったので、ちょうど帰る方角で都合がよかったのかも知れません。(でもやっぱり横浜までじゃちょっと行き過ぎ?)

高速を使いながら家の近くまで来たとき時計は3時を回っていたような気が・・・。で、こちらは1万6千円ということで、結局6万1千円かかってしまいました。



今日会社の同僚に昨日の話をすると同情と笑いが半々の反応でしたが、同じような経験を持っている人は大勢いるみたいです。しかし「宇都宮」と「6万円」はちょっと桁外れのようでした。


ということで、反省と失った金額を埋めるための倹約生活に入ることを決心。今日から当分の間断酒することにします!!





posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:59 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

日本酒6本セット

ここ1〜2年、日本酒は地元の酒屋で安く売っている店を教えてもらって以来、そこで買うことが多くなっている。

例えば雪中梅 2,242円、〆張鶴 2,320円(久保田千寿は2,400円台だったと思う)という具合。

世間相場からいってかなり安いと思っているのだけれど、奥さんからすると2,000円以上は高いということらしく、いつも文句を言われながら飲んでいた。

ところがその奥さんがこのお酒ならと自分からお酒の購入を勧めてきて買ったお酒がある。

それはデパートの中元・歳暮のギフト商品の売れ残りを6本セットにした日本酒セット!(ただし1ヶ月に1本という条件付で…)

そう、8月中旬の中元ギフトセールが終了した横須賀さいか屋の特売場で、6本10,000円で購入したのだった。

その中身は・・・
八海山(清酒)、銀嶺月山、出羽桜、越前の風、菊水の辛口、千代の6本。

飲んだ順番に左から並べてみました。(=^^ゞ

奥さんとしては6本で10,000円⇒1本1,667円<2,000円 ∴ 安い ということらしい。

こちらとしても6本のうち、八海山、銀嶺月山、菊水の辛口はこれまで飲んだことがあったが、それ以外の出羽桜、越前の風、千代の3本はまだ飲んだことがない。

どんなお酒だろうという興味も手伝って、ここは奥さんのオススメに乗ることにした。


それから4ヶ月・・・


始めのうちはほぼ1ヶ月に1本のペースできていた。ビールや焼酎を飲む日もあるので、そう続けて飲まなければ意外ともつもの。(笑)


ところがそれが微妙に狂うときがある。


息子が帰ってくると空のコップを持って私のところへ来る。また料理酒として台所へ出張してるのを目撃したことも何回かある。(すぐに紙パックの料理酒を買って対応した)


しかし全体としては昨日まであと1本半残っている状態だったので奥さんの目論見は成功したといえた。


昨日の午前中までは・・・


昨日の午後、来客があった。息子同士が小学校時代の同級生で地元少年野球部だった間柄。


最初、ご主人と私で飲み始めた日本酒はみるみる減っていき、そのうちウチの息子が加わり、最後はむこうの息子さんも追加のワインとウイスキー持参で加わって大宴会になった。


もちろん1本半の日本酒はあっという間に空になり、その後私の記憶は途切れとぎれになって、気が付くと2階のベッドに寝ていた。(* ̄o ̄)/

奥さんの話では、最後にみんなで玄関外まで見送ったとのことだが、全く記憶にない。(ちょっと飲みすぎたと反省)

それにしても6本・1万円・6ヶ月の目算が見事に外れた夜でありました。






posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:08 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。