2013年08月11日

朝ちゃんと起きてますか?

朝、ちゃんと起きてますか?

これは、脳神経外科医の築山節氏の著書「脳が冴える15の習慣」の最初のページに書かれた言葉です。

それだけ重要なことのようで、退職して自由な生活になった途端、好きなだけ寝て好きな時間に起きるという不規則な生活パターンを繰り返しているとボケが始まるそうです。

【築山先生の言葉】
時差ボケってあるじゃないですか。あれは脳の活動リズムと生活のリズムがずれて、脳が休みたい時間に仕事をして頭が働かなかったり、脳が活発に働きたい時間に休もうとして眠れなくなったりしている状態なんです。生活のリズムを不安定にすると、日本にいながらそれと同じことを起こしてしまう。それを治すには、生活の原点をつくる以外にありません。朝、7時なら7時と決めて、なるべく同じ時間に起きて下さい。ボケ症状のように見える人が、それだけで治っていくことも珍しくないんです。

この部分(最初からですが)を読んで、ドキッとしてしまいました。

私の場合は現在月に14日勤務なので、残りの半分は ”自由”な訳なのですが、朝ゆっくり起きるというのが結構愉しみになっていたりして・・・^^;

それで先生のおっしゃっていることに納得する部分があったりするのですが、というのは、休みが続いたりした後に出勤する日は今イチ調子が出ないというか、頭が働かない感じがしたりします。(-.-)

月曜病とも似ているような・・・


先生はこうも言っておられます。
時差ボケのような状態になっているために脳機能が安定しないというのは一時的な現象ですが、頭が働かない時間を長くすることは、必然的に脳の訓練の機会を減らします。そうすると、今度はそれが原因となって脳機能が低下し、さらに人と話すことが苦手になったり、思考が長く続けられなくなったりする。(中略)生活のリズムを失うことは「ボケの入口」と言っても過言ではないかも知れません。


この本、何年か前に買って一度読んだはずなんですが、、いつの間にか危険な入口に向かっていることに気付かされました。(また真剣に読まなくては)


 脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書) [新書] / 築山 節 (著); 日本放送出版協会 (刊)


でも、今日はもうこれで寝ます。明日、いつもの出勤時間に起きるつもりなので。(笑)


posted by 酔ing(すいんぐ) at 01:19 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

物忘れは長寿の秘訣?!

今日、会社帰りの途中、近くのお寺の入口にこのような書が貼られているのを見かけました。

物忘れは長寿のしるし

曰く、
お年寄りの物忘れは
長寿の印し
こうして
エネルギーを節約
長生きに

おお〜!何とポジティブな!


日頃、名前が出てこない、言葉が出てこないと悩むわが身にはまさに福音。(笑)


そうか、思い出そうとするエネルギーを蓄えている??と考えれば、その分長生きの方にエネルギーが消費されるのかも。


(たぶん違うような気がするけど・・・)(笑)


でもくよくよ考えるよりこうして前向きに考えることの方が精神衛生上はいいと思う。


それに長寿の人を見てみると、みんな明るい!!


体を動かすことを厭わず、マメによく動く。それに好奇心旺盛で何にでも積極的でチャレンジしようとする。見たがり、知りたがり、やりたがり。


時々銀さんの娘4姉妹がテレビに出て、日常生活などの紹介ビデオを見ると、いつもそう感じます。


やはり長寿の共通項って確かにありますね。


要は明るく、くよくよせず、頭と体を常にオンの状態にしておく。あとは食べ物でしょうか。


なので「物忘れ」なんかまったく気にする必要はない!!
(あたりまえのこと?)




タグ:物忘れ 長寿
posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:56 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

パズル三昧で脳トレ

最近の本屋でパズル本が増えてきたような気がします。

前はそれほどでもなかったのに、いつの間にかパズル本のコーナーまでできていたりします。

その種類たるやかなりの数で、10や20ではきかないかも。(その2倍か3倍はあるのでは)

漢字、ナンプレ、クロスワードなどが主流で、そのほとんどが賞品・プレゼント付。

本屋の一角のパズルコーナー


実は、自分も最近ハマってます。

この1か月くらいかな。

ボケ防止にいいかもって気がするし・・・。(笑)

ナンプレは嫌いではないけどちょっとイライラするのでパス。

クロスワードが一番のお気に入りで、あとは漢字かな。奥さんと分業してやってます。


クロスワードは高度な知識はまったく必要ないものの、答の候補が一つに絞りきれないときなど、他の言葉を探したり結構脳のシナプス間で電流が行き交っているような気がして、脳が刺激されているのを実感できるのがいい。

これまでに蓄えられた知識のなかで、脳内で深々と眠っていた古い知識が呼び起されることも。

クロスワード以外に間違い探し(これは苦手分野)の問題もあり、これは集中力を高めたり眼に緊張感を与えるのに役立っている、・・・ような気がする。(笑)

またこの歳で(恥ずかしながら・・・)知らない言葉を知る機会になったりもする。

例えば、「僧衣や羽織などに使われたはり合わせた和紙をやわらげてつくった"かみぎぬ"」のヒントの答はカミコ(紙子)。また、「賄賂の別の言い方。『賂』と書く」の答はマイナイ。さらに、「相愛の男女の駆け落ちや情死をテーマにした歌舞伎や浄瑠璃のシーン」は「ミチユキ(道行)」だそうだ。

漢字では、「山原水鶏」でヤンバルクイナだって。(◎-◎;)


そうやって苦労して解き終わったときの達成感。って大げさなものではないけど、ちょっとそんな気分に浸れるのも結構いい。

それでなお・・・、賞品が当たっちゃったらどうしよう、なんてことあるわけないけど(笑)、でも宝くじやロト6が全然当たらないその確率よりは高いみたい。

(と内心かなり期待してたりして)(=^^ゞ 


ということで、脳の退化に歯止めがかかるのを期待しつつ、結構真剣にパズルに取り組んでいる今日この頃です。






posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:59 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする