2012年08月30日

久しぶりのラーメンツアー

久しぶりに職場のみんなとお昼、一風堂に行きました。


いつもは適当に社内食堂に行くのですが、今日は徒党を組んで総勢7名、近くのみなとみらいクイーンズ・イーストにある一風堂に行ってきました。


一風堂のカード所有者(相当回数行かないとカードを所有できないらしい)であるMさんの呼びかけで、元祖博多ラーメン「零(ZERO)」の限定販売が終了する8月中にと、急遽計画・実行されたのです。


1年ぶりくらいかと思ってこのブログを遡って調べたら、もう2年近く経っていてビックリ。(2010.11.18 昼休みのラーメンツアー


11時半くらいに到着。幸いまだ列はなくて、離ればなれですがとりあえずすぐに座れました。

まだ並んでなくてラッキー!

ゼロの大きなパネルが出ていました


今日の「零(ZERO)」は、一風堂の創設者、河原成美氏が修業時代に生み出したと言われる一風堂の原点とされるラーメンだそう。


それほどラーメンの味の「違いが分かる男」ではないけれど、今日のゼロは旨いと思いました。これで630円は安い!

限定販売の零(ゼロ)です

真上から撮ってみた


いつもはカロリーを気にしながら食べるのですが、今日は特別、ということで替え玉も頼んでしまいました。

うんめ~!と感激


一緒に行った初参加のK君はあまりの美味しさに感激して、今度自分の家の近くの一風堂を探して行くと言っています。(笑)


でもラーメン通でもない自分は、たまに食べるから美味しいと思うんであって、毎日はちょっと無理かなあ。


K君の気持ちは分かるけど。


でも正直旨いので、また時々は行きたい。Mさんまた次回のツアーを楽しみにしてま〜す







posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:59 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 職場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

自慢の息子モデルデビュー

自慢の息子がついにモデルデビュー。

って言っても私の息子ではない。職場で私の隣の席に座っているMさんの息子の話。

って言っても本当の息子ではない。息子のように可愛がっているペットのワンちゃんだ。

4歳の雄の柴犬やまと君が、今回ある薬品メーカーのサイトでキャンペーンページのトップを飾るモデルとして登場。飼い主のMさんとしては自慢の息子の "快挙" に大喜びという訳なのです。

4歳柴犬のやまと君


このHPはスイスのペット専門医療薬メーカー「ノバルティス」という会社が<アトピカ>というアトピーの薬のキャンペーン用に作ったページで、実際のHPはこちら

Mさんによると、ペットモデルに登録してから何回かオーディションを受けたのちにこの話がきたそうで、撮影当日は千葉県まで奥さんがやまと君を連れて行ってこの写真を撮ってもらったとのこと。

(HP写真の後ろに写っている楽しげなお父さんと子供は当日いなかったそうで、後から合成されたみたいです)

職場でいつもMさんの机の上にやまと君の写真を何枚も飾っているのを見ているのですが、その写真と今回のモデルとしてのやまと君とはまるで別人、じゃなかった、別犬のように見えます。(笑)

いかにも柴犬としての颯爽としたりりしさと、何とも言えない可愛さが見事に捉えられていて、さすがにプロの写真家の撮った写真は違うなあと感心します。

普段の写真は家族にべったり甘えん坊の "ゆるキャラ" のイメージで、りりしさなど微塵も感じられないのに。(笑)

これでMさんの机の写真はこれからこの写真も加わることになるでしょうね。当然パソコンの壁紙も。(笑)





posted by 酔ing(すいんぐ) at 15:13 | 神奈川 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 職場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

大人の鉛筆、職場で人気

先日、「大人の鉛筆」を職場で初めて使ってみて使い心地がよかったので、周りの同僚に教えてあげたところ、自分も欲しいという声が予想以上に多くてビックリ。 (^◇^ ;)

先日購入したのは自分用に2本と予備に2本計4本買っておいたのですが、結局自分用は1本となり、残り3本は近くの席の3人にお譲りしました。(原価でですけど)(^^ゞ

ところがその後、他の人からも欲しいという声が相次いで、今日また職場で注文取りをしました。色もナチュラル、藍、茜色、黒と様々で、硬さは全員HB希望です。

本当はみんなにショップのアドレスを教えてあげれば一々私が取りまとめなくても済むのですが、あまりネットで購入するのに慣れていない人もいるので、ここは乗りかかった舟ということでご要望にお応えすることにしました。

結局今日は全部で7本の注文を取りまとめ、予備3本と併せて合計10本をさっきネットで追加注文しました。先日と併せて何と14本!ネットショップの谷口文榮堂さんとメーカーの北星鉛筆さんから表彰されるのでは・・・(笑)


でも既に使い始めた人の評判は上々で、中には自宅用とか家族用とかで追加注文する人も。ただ最初は芯を削るのに慣れてなくて、芯を十分引き出さずに削ったりくるくる回すのがぎこちなかったり。でもすぐに慣れたようです。

また最初に既に入っている芯がBなので、HBと思って使っていると柔らかくて芯が減るのが早い感じがします。これは他の人も言っていました。

自分はまだ1週間ほどしか使っていませんが、使い心地はとてもよく、使い込むほど手に馴染んでくるという謳い文句はウソではない気がします。


職場ではまだこの「大人の鉛筆」を知らない人の方が圧倒的に多いので、これから自分の周りで使い始めると、この後またどんどん流行っていくかも。(笑)


世間では2011年日本文具大賞ということなので、いささか流行遅れのような気もするけど、でもやはり世間で流行るものはそれなりに人を惹きつける魅力があるということなんだなあと感心しています。



タグ:大人の鉛筆
posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:13 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 職場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。