2017年05月03日

馴染みの店が消える

昨日は久しぶりに横浜・野毛で飲みました。

行きたかったお店はここ数年
行ってなかったお店。

もしかしたらもう無いかも・・・
と一抹の不安に駆られながら行ってみると、、

やはりありませんでした。(ノ_<。)


野毛の目立たない場所にあった
「侘助」(わびすけ)・・・

知る人ぞ知る隠れ家的存在のお店でした。

wabisuke05.jpg

wabisuke01.jpg

昭和の匂いが残るノスタルジックな雰囲気のなかで

サラ・ボーンのゆったりとした曲が流れると

そこはもう別世界。




行くときは毎週のように行って
足が遠ざかると何か月、何年と空いてしまう


そんな時でも

行けばお久しぶり、とすぐに時空を超えて
女将との楽しい会話が始まる

wabisuke06.jpg

wabisuke07.jpg

wabisuke09.jpg


あまり知られたくないお店なので
心を許せる人だけを連れてきた
思い出の詰まったお店。

息子が成人してから連れて行った時、
隣の席の常連さん、何故か息子と意気投合して
大事な扇子をくれたことも。


wabisuke02.jpg

wabisuke08.jpg


近くのシャンソンの店に女将が出演したときは
応援に行ったりもしたっけなあ・・



そんな思い出がいっぱい詰まった店が消えて
別の名前に変わってしまったのを

昨日になってようやく知ってしまいました。(/□\*)


そんな貴重で大切な存在のお店だったのに
今回の空白はやはり長すぎたみたい、、、

とても残念で、悲しい思いに包まれて

もっと早く来ればよかったと
悔いが残ります。



侘助がないならと
やはり近くにあった「武蔵屋」さんの後の
月読(つきよみ)というお店へ。


すっかり雰囲気は変わっていましたが
美味しい料理とお酒をいただいて帰りました。



****************************************************************
※ このページの写真は下記のサイト様からお借りしました。
https://goo.gl/5Me047 食べログ(ガーさん)
https://goo.gl/y1hvpI 横浜泥棒


posted by 酔ing(すいんぐ) at 18:30 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック