2015年02月23日

本当は怖いブラックアウト

先月の24日(土)、横浜のジャズスポット「FIRST」で久しぶりにライブを楽しんできました♪

first01.jpg

first02.jpg


昔のバンド仲間も集まり、大いに盛り上がったのですが・・・
最後は残念なことに、、、(>_<)


実は飲み放題の酒が効いて途中から記憶が飛んでしまい、最後「FIRST」を出て最寄駅から家に向かって電車に乗ったはずなのに、気が付くと乗った方向とは反対の終着駅でした。。


またやってしまった、、、(/_;)


ライブの店を出たのが10時半頃(らしい)、終着駅に着いたのが12時半頃。家とは反対方向ですが、通常20分程度で着くのに2時間ほどの空白の時間が…(/;°ロ°)/

気が付くと警察の方がタクシー乗り場まで "保護"してくださいました。

またタクシーのお世話になってしまいました。4年前の宇都宮⇒横浜ほどではありませんが、痛い!です。。


その後、今回の件を聞いた知人から「ブラックアウト」なる言葉を教えてもらった訳なのですが、、、

ブラックアウトって、良く調べると結構恐ろしいことのようなのです。


「昨日のことは覚えてない」「どうやって帰ったのかも分からない」などこれまで幾度となくやってきましたが、自覚がないままシラフの時のように行動するのが特徴だそうです。

飲酒の状態としては、爽快期 ⇒ ほろ酔い期 ⇒ 酩酊初期 ⇒ 酩酊期 ⇒ 泥酔期 ⇒ 昏睡期 の6段階あり、この中でブラックアウトが起こるのは「泥酔期」だそうです。

泥酔期には脳の中でも特に「海馬」に障害が出てしまい、海馬は短期的な記憶を司っているため、途中まで覚えているのにその後の記憶がない、どうやって帰ったのか覚えていないという状態が起こるとのこと。

また、軽い意識障害とはいえ、何度もブラックアウトを起こすと海馬がダメージから回復せず、短期記憶が弱くなり認知症のリスクが高まるそうです!(怖い!)


そこでブラックアウトの予防法について調べてみました。

当然お酒の量を控えるのが一番。しかしそれが難しい場合には以下の3点を守ればいいそうです。

 1. お酒と同量の水を飲む。
 2. お酒だけでなく、食事もきちんと摂る。
 3. 神経系の保護に有効なビタミンB群を普段から多く摂る。


という訳で、先月の25日(ブラックアウトした翌日)から遅まきながら酒を断っています! 明日でちょうど1ケ月になります。

前回(4年前)は2ヶ月半の断酒でした。今回は今のところ無期限のつもりです。(`・ω・´)キリッ

この一月の間に2回飲み会がありましたが、1回目はジンジャーエールで、2回目はコーラとウーロン茶で乗り切りました。(笑)

2回目は焼鳥屋でしたが、コーラと焼鳥の組み合わせのミスマッチなこと甚だしい・・・(;´д` )


でもこれで当分飲み会はないし、ウチに買い置きしていたビールも全部息子が飲んでくれました。(笑)

そば焼酎1.8ℓの箱ケースはまだ開けたばかり、、どうしよう(息子は焼酎は飲まない…)、、

まあでもこれまで月に1万円近くかかっていた飲み代もかからなくなるし、脳の委縮防止にもなるんだったら当分、いや、もうずっと断酒してもいいかも、なんて思い始めているこの頃です。(*^_^*)


≪参考サイト≫
深酒すると、記憶がなくなる
本当は怖いお酒の話:ブラックアウト=「酔って記憶なくす」は認知症を早める危険大


posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:29 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック