2014年08月24日

胃と大腸同時に内視鏡検査

胃の内視鏡検査と大腸の内視鏡検査。

これまで別々のクリニックでやってきました。


十二指腸と大腸に小さなポリープ(良性)が見つかったままどちらも2〜3年経ってしまい、そろそろやらないとヤバいかもと重い腰を上げ、20日に胃・十二指腸の方の病院に検査予約に行ってきました。その後その足で大腸の方病院にも行こうと思っていたのですが、、、


最初の病院で、大腸の方も両方一緒にできますと言われ、大腸の方の病院は行かなくて済むことに。(^_^)/
(同じの日に同時にではなく、順番にやるという意味ですが)

そしてなぜか検査日は次の日(21日)たまたま空いていると言われ、善は急げとばかり翌日会社を休んで検査に行くことに決めてその場で両方とも予約しました。


21日検査当日、1時半受付、2時開始でしたが、朝から下剤を飲んで腸内をきれいにしておく必要があります。


モビプレップという経口腸管洗浄剤、粉末の薬剤に水を入れて2リットルの下剤を作ります。そのうちの1リットルを5回に分けて飲み干すのですが、飲みにくい〜 (>_<)

movifr.jpg


でも以前の病院では、飲んだ後便の状態を見て色が透明に近い位にならないとOKにならなかったのでホント辛かったのですが、今回は家で自分のペースででき、しかも便の状態は自己申告。楽でした〜。(^^)


2時からの検査は点滴を打たれてその後注射をされたようです。検査室に移されたあたりまで覚えているのですが、あとは眠りに落ちて全く記憶がなく、気が付くと検査は終わっていました。


頭がボーっとしていて夢うつつの感じ。30分位休んで目が覚めてきました。家族も迎えに来てくれて、一緒に家に帰りました。


結果はまた改めて病院に行って聞きに行くことになります。来週行ってきます。



posted by 酔ing(すいんぐ) at 12:45 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も2014年5月に大腸の内視鏡検査をしました。検査よりも前日に大量の水分を飲まなければならないのが大変でした。検査時にポリープが見つかり、目の前の画面で切除する様子を見ていながら切除しました。今後も定期的に2年に一度は内視鏡検査をすることになりました。同病相哀れむというとこですね。
Posted by Kobayashi at 2015年04月28日 21:59
お互い同じようなことをやっていますね。(笑)これからは無理をしない程度に頑張っていきましょう!
でも検査中、切除するのを見ながらなんてどうな感じ?あまり気持ちのいいものではないような・・・(-.-)、でも面白いと思う人には面白いんでしょうな(笑)
Posted by 酔ing at 2015年04月29日 18:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック