2013年09月15日

久々にラジオ深夜便を聴く

昨日はなかなか夜寝つけず、諦めてラジオ深夜便を聴くことにしました。


この番組を聴くのは本当に久しぶりです。アンカーは柴田祐規子さんでした。


3時台の<にっぽんの歌・こころの>」は「昭和歌年鑑:昭和57年の流行歌」でした。


『聖母(マドンナ)たちのララバイ』 『恋人も濡れる街角』 『少女A(エー)』 『哀愁のカサブランカ』 など懐かしくていいなあ〜などと聴いているうちにいつの間にか寝苦しさなど忘れてしまいます。(笑) たまにはこういう時があってもいいかも知れませんね。


【聖母(マドンナ)たちのララバイ】(岩崎 宏美)





【恋人も濡れる街角】(中村正俊)






【少女A(エー)】(中森 明菜)






【哀愁のカサブランカ】(郷 ひろみ)





中森明菜さんの『少女A』は、当時それほど夢中になって聴いたということはなく、何となく聞こえてきたという感じでしょうか。


ヒット曲連発の彼女なので、それなりの才能があるんだろうという思いはありましたけど、アンニュイで突っ張ったイメージが強くて、別に好きでも嫌いでもないという感じ・・・でした。



ところが、彼女がカバーしたある曲が素晴らしくて、去年、このブログでご紹介させていただいたことがあります。


その曲は、、、奥村チヨの曲をカバーした「終着駅」


今、また聴いてみても、いいなぁ〜と思えます。


郷 ひろみさんにしてもそうですが、最初に発売してヒットした曲を、同じ本人が10年、20年経って歌ってみると、同じ曲を歌っていても全然違って聞こえるって不思議ですよね。


それだけ人間的に熟成されてきたっていうことなんでしょうか。そんなことを想いながら、昨日の夜は懐かしい曲を一人だけの取り残された世界で聴いていました。(=_=;)



posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:59 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ深夜便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。