2013年08月06日

ジジ入院する

我が家のネコたちの中で、<営業部長>と言われている人懐こい「ジジ」が入院しました。急に食べれなくなり、寝たきり状態になってしまったのです。


<魔王>と言われている我が家のボスネコにやられてから急におとなしくなったので、どこか怪我でもしているのかと思いましたがそういう兆候は見られません。


もう歳(推定年齢15歳?)だからなのかも知れないとか、外に脱走(時々やってくれます)したときに農薬の付いた葉っぱを食べたのかも、とか、うつ病?になったのでは、とか、様々な憶測がわが家の内で飛び交います。(笑)


しかし当のジジはだんだんと弱る一方で、このままではもう死んでしまうのかと思われました。


それが先月(7月)の終わり頃です。


で、私が出勤の7月30日、奥サンと娘でジジを近くの動物病院に連れて行きました。


色々と調べたところ、はっきりとした原因は分からないものの血液検査の数値からは腎臓の機能が弱っていることが分かり、点滴をしながら様子を見るということで入院することに。


ネコの入院??なんてちょっとあり得ない、と思いながらも、このままでは間違いなく死んでしまうと思い、病院に任せることにしました。


で、次の日、その次の日と面会。面会時間は夕方6時から7時まで。まるで人間の入院みたい・・・。(-.-)


ようやく4日目の8月2日に退院です。


しかし家に帰っても寝たきりの状態に変わりはなく、思い切って別の病院に連れて行くことにしました。


そこは若い女医さんですが、若い割には経験・知識とも豊富でとても頼りがいがあります。それにとても親身になって診てくれるのが何よりうれしい。


点滴と注射、膵炎の可能性まで調べる血液検査を直ぐに処置にてくれました。


診察台で点滴を受けるジジ

 診察台で点滴を受けるジジ(2)


こちらの病院は今日で3日目ですが、昨日からお通じも復活し、今日は病院でサポート食を食べられるまで回復しました。


一度は死も覚悟しましたが、こうやって元気を取り戻しつつある状態になってホッと一息というところです。




posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:38 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。