2013年04月09日

いつやるか?今でしょ!

「じゃあ、いつやるか?でしょ!」

この予備校のCM、覚えていますよね。

放映以来このフレーズ、かなり流行っているみたいで、最近では色々な場面で「今でしょ」「〇〇でしょ」を耳にします。

確かにこの先生の熱いメッセージ、CMとしてのインパクトは強烈で、頭に残るというか衝撃的ですらありました。

それは、やるべきことを先延ばしにしてやらないでいる自分へ言われているみたいな、、、自分の身に覚えのあることをズバリ突かれてドキッとさせられているのかも知れません。

こういう先生が日常生活で身近にいれば‥、自分のこれまでの人生ももっと変わっていたかも?(笑)

そう。<決断して実行する>って結構エネルギーを使うので、何となく後回しにしてしまっていることってあります。

その中には今やらなければいけないと頭では分かっていても行動が伴わない、発生するであろう現実から無意識のうちに逃げてしまっているのかも知れません。


ところが最近読んだ本の中に同じようなことが書いてありました。

「禅に「即今(そっこん)、当処自己」という言葉があります。即今はたった今、当処は自分がいるその場所、自己は自分自身、ということです。少し解説すれば、『今やらなければ、いつやる時がくる、今しかないではないか』、当処は『ここでやらなければ、いったいどこでやる。ここしかないではないか』、自己は『自分がやらなければ、誰がやる。自分しかいないではないか』ということです」


今、自分が置かれている場所、状況のなかで、やるべきことを、自分自身で一所懸命にやる。それが生きていることだ、とこの禅語はいっているそうです。

まさに、「じゃあ、いつやるか?でしょ!」の禅訳?ですね。


この本のタイトルは、

『 禅が教えてくれる美しい「所作」の基本 』


2週間くらい前、テレビ東京のワールド・ビジネス・サテライトという番組の中で、三越伊勢丹ホールディングの社長、大西洋氏がお薦めの本としてこの本を紹介していました。
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/blog/smith/2013/03/post145132.html

何となく面白そうだったので、先日ブックオフで買って読んでみました。著者の枡野俊明氏は、禅僧でありながら庭園デザイナーとしてカナダ大使館やセルリアンタワー東急ホテル日本庭園などの作品がある方で、2006年「ニューズウィーク」誌日本版で「世界が尊敬する日本人100人」にも選出されています。


「所作を磨くと、心身も人生も輝く。まず、姿勢、言葉、朝の時間を整えて」という言葉には説得力がありました。

その影響を受けて最近の私、大晦日でもやらなかった大掃除を今さらながら(身の周りから)始めました。(笑)


でも不思議です。身の回りがピシッと整理されて美しい状態になると、何となく気持ちまでピシッとなるのを実感しました。

このCMの予備校の先生、素晴らしいことを教えてくれたんですね。


  







posted by 酔ing(すいんぐ) at 00:39 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。