2012年12月13日

鉄拳の『振り子』とミューズ

ウチの奥サンがテレビで仕入れてきた情報。
「ミューズ」と「鉄拳」で検索してみて。すごく面白いからという。

最初、「鉄拳」が「石鹸」に聞こえたので昔ミューズ石鹸ってあったのを思い出して、なんで今頃ミューズ石鹸なんだろうと不思議に思いました。

確かミツワ石鹸から出ていた薬用石鹸だったような・・・

そうしたら石鹸じゃなくて「っけん!!」と言われて、さらにパラパラ漫画だと言われてやっと理解できました。
(やはり老化で耳が遠くなっている?)( ´△`)

そういえば何度かテレビで紹介されています。お笑い芸人の鉄拳さんが描いたパラパラ漫画。

ウン、見たことある!パラパラ漫画って要は本の端っこに小さく絵を描いてそれをパラパラとめくって絵が動くのを楽しむ、あれだよね。

あれを漫画のストーリーとして楽しむにはかなりの量(枚数)を描かなくちゃいけなくなるから大変な作業だなあなんて思いながら観ていました。

単純な絵なんだけど素朴な温かみが感じられる、そういう意味では普通の漫画にはない独特な魅力があると思います。

ところがそう思うのは世界に共通しているようで、イギリスのロックバンド、ミューズの曲のビデオクリップに採用されたというからビックリ。

鉄拳さんの「振り子」はもともとテレビ番組用に作り、バックにミューズの曲を使ったところ評判になってそれがミューズ本人たちにも届き、正式にビデオクリップに採用されたとのこと。



この振り子を見ていると、あっという間に人生が過ぎ去って、しかもその中で輝いている時は一瞬のような儚い切なさを感じてしまう一方で、様々な思い出を共有しながら共に人生を送っていくことの素晴らしさを感じます。

そして最後の方で、必死になって振り子を止めようとする場面では、時の流れには抗えない人間の哀しさを感じると同時に、短い人生だからこそ精一杯生きることの素晴らしさを伝えてくれているような気がしました。

見終わってちょっとウルウルした感動を覚えてしまいました。

ところがこの作品の後、最近になってミューズの最新シングル『フォロー・ミー』のためのビデオクリップ制作についても鉄拳さんに依頼していたとのことで、またまたビックリ。



この曲はミューズのヴォーカリスト、マシュー・ベラミーが、初めて出来た自分の子供への愛を歌った作品で、イントロにサンプリングで使用されている心音は、実際に子宮内にいる自分の子供の心拍音を録音したものだそうです。

以下、鉄拳さんのコメント
「こんにちは鉄拳です。

僕の作ったパラパラマンガの振り子がMUSEの公式PVに採用されて話題になり、とても嬉しかったですが、またまた調子に乗ってパラパラマンガを作ってしまいました。

今回は新作『ザ・セカンド・ロウ〜熱力学第二法則』に入っている「FOLLOW ME」という曲でパラパラマンガを作りました!

曲の中に赤ちゃんの鼓動が使われているので、男女の出会いや運命を導く赤ちゃんをテーマに考えました。

登場人物や背景の電車やポストや町並みなんかはMUSEの出身地イギリスの風景などを勉強して描きました。

以上鉄拳でした。」


いやあ、鉄拳さんはもうお笑い芸人というより、人に感動を与えるアーティストになっているのではないだろうか。






posted by 酔ing(すいんぐ) at 00:51 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。