2012年11月19日

中森明菜の「終着駅」


最近寝床に入ってもすぐに寝付けない時が多くなってきたような気がして・・・

これも老化?なのかな。

普通、歳をとると寝る時間が早くなって、朝早く目が覚めるっていうけど・・・

寝る直前までずっとパソコンをやっているせいだって奥サンが言うんだけど、もしかしたらそうなのかも。


で、昨日もまた眠れない状態になったので、久しぶりにラジオ深夜便を聴いてみました。

すると、3時から「にっぽんの歌こころの歌 思い出の流行歌:昭和歌謡のカバー作品から」というのをやってました。

なにげにうつらうつらと聴いていました。


すると何となく耳に入ってきた歌・・・昔、学生時代に流行った懐かしい歌・・・

奥村チヨが歌っていた「終着駅」でした。


けど、奥村チヨじゃない・・・。誰が歌っているんだろう。


癒されるような優しい声で、淡々と、抑え気味に静かに歌っている。まさに深夜にピッタリのバラード。

と、曲が終わって曲名と歌手が紹介された。


・・・「中森明菜」だった!!


へええ・・・とビックリ。

これまでの中森明菜のイメージとちょっとかけ離れている、というか自分が知らない彼女の世界を初めて知ったのかも知れないけれど。

ちょっとつっぱったイメージキャラで、青春真っ盛り、ストレートに気持ちをぶつけるようなアップテンポの激しい曲、今風の(といっても一昔前だけど)曲というイメージだったのが、まるで違う大人の世界をしっとり歌い上げる歌手になっていた。

このカバー曲、気にかかったので今日You Tubeで探してみたら、ありました。




落葉の舞い散る 停車場は
かなしい女の 吹きだまり
だから 今日もひとり 明日もひとり
涙を捨てに来る

真冬に裸足は 冷たかろ
大きな荷物は 重たかろ
なのに 今日もひとり 明日もひとり
過去から逃げてくる

一度離したら 二度とつかめない
愛という名の 暖かい 心の鍵は

最終列車が 着くたびに
よく似た女が 降りてくる
そして 今日もひとり 明日もひとり
過去から逃げてくる

肩抱く夜風の なぐさめは
忘れる努力の 邪魔になる
だから 今日もひとり 明日もひとり
過去から逃げてくる

一度離したら 二度とつかめない
愛という名の 暖かい 心の鍵は

最終列車が 着くたびに
よく似た女が 降りてくる
そして 今日もひとり 明日もひとり
過去から逃げてくる
そして 今日もひとり 明日もひとり
過去から逃げてくる

画像も歌に合っていてとてもいい感じです。



ついでに竹内まりあの「駅」のカバー曲も同じような雰囲気でいいですね。

この曲は、一昨日ご紹介したグレッグ・アーウィンさんも歌っていて、それを聴いて知った曲なのですが。




見覚えのある レインコート
黄昏の駅で 胸が震えた
はやい足どり まぎれもなく
昔愛してた あの人なのね

懐かしさの一歩手前で
こみあげる苦い思い出に
言葉がとても 見つからないわ

あなたがいなくても こうして
元気に暮らして いることを
さりげなく告げたかったのに・・・

二年の時が 変えたものは
彼のまなざしと 私のこの髪
それぞれに待つ 人のもとへ
戻っていくのね 気づきもせずに

ひとつ隣の車両に乗り
うつむく横顔見ていたら
思わず涙 あふれてきそう

今になってあなたの気持ち
はじめてわかるの 痛いほど
私だけ愛してたことも

ラッシュの人波に のまれて
消えてゆく後ろ姿が
やけに哀しく 心に残る
改札口を出る頃には
雨もやみかけた この街に
ありふれた夜がやってくる

ラララララ ・・・・・・


最近ラジオ深夜便のお世話になることがなかっただけに、久しぶりに聴いていい曲に出逢うことができました。





posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:59 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ深夜便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。