2012年11月08日

速読脳養成CDブック

先日本屋でふと目にした本。

「速読」とか「速聴」の文字が入っていて、思わず手にとってしまった。


タイトルは「聴くだけで頭がよくなる「速読脳」養成CDブック」


いつももっと本が早く読めたらいいなあという願望が心の隅にあるのは確か。

ボケ防止にもいいみたいだし。(^<^)


買おうか買うまいかの葛藤がいつもほどなく、逆にいいのを見つけたという気持ちで手に取ったままレジに並んでしまった。


 
  聴くだけで頭がよくなる「速読脳」養成CDブック (マキノ出版ムック) [ムック] / 井上裕之 (著); マキノ出版 (刊)


買おうとした気持ちを後押ししたのは、、、やはりボケ防止にいいかも知れないという期待感だったかも知れない。

それだけ普段少しずつ老化を自覚しつつある日常生活で、ボケに対する恐れみたいなものが膨らんできているのかも・・・


「速聴」については、いつかテレビで実験しているのを見たことがあった。


かなり年配の人でも訓練を積んだ人はちゃんと何を言っているのかを聴き取ることができて、びっくりした記憶がある。

また、速読を身に着けている人は脳の働きが活発化してボケにくいという話も聞いた。


「速読」「速聴」どちらも脳に与える刺激は共通した何かがあるのだろう。


そんな思いを抱きつつ、この本に付属しているCDを聴きながらこの本を読むことで、速読と速聴を同時にマスターできればと思い、とうとう買ってしまいました。(それほど高いものではないのにちょっと大袈裟?ちなみにお値段980円です)


速聴の訓練用に、2倍速、3倍速、4倍速で同じ内容の文章を読みながら聴くようになっています。

2倍速は普段の生活では超早口のレベル。

3倍速は普段の生活ではあり得ないレベル。でも本を読みながらだと、何とか単語を認識できる感じ。

4倍速は何を言っているのかさっぱり分からないレベル。でも本を読みながら聴いてみると、ちょうど目で文字を追っている速さに近い感じがします。黙読しながら声に出すとこんな感じになるのかも。

4倍速を聴いた後に2倍速を聴いてみると、最初あんなに超早口と思ったのが意外とゆっくりに聴こえるから不思議です。

やはり "慣れ" ってあるんだなあ。


あと、この本のいいところは、テキストとしている文章があの有名なジョセフ・マーフィー(潜在意識の活用を説くマーフィーの法則の生みの親)とナポレオン・ヒル(成功哲学の父)の著述のエッセンス部分を採用しているところ。


それぞれ3タイトルあって、マーフィーは「あなたにもある無限の力」「夢を実現するために」「幸福を手に入れる方法」、ヒルは「マスター・マインド」「積極的な心がまえを生み出す方法」「受け取る以上に与えることの意義」の計6本が収録され、それぞれが2倍・3倍・4倍の速さで聴くようになっています。


それではこれからこの速読・速聴をしばらく(途中でコケるかもしれないので)続けてみたいと思います。

少しでも成果が認められたらまたここで発表します。(=^_^;=)


尚、amazon の評価が "高い有用性のあるレビュー" として以下のレビューが載っていましたのでご紹介しておきます。
★★★★★ 毎日の習慣にして能力アップを
日頃の読書量を増やしたいとこれまで速読のトレーニングを幾つか試して来て、続けてみたいと思った良書です。
付属のCDを毎日のスキマ時間に聴き、朝晩にはテキストと一緒にトレーニングと無理なく続けられるのがイイですね。
ジョセフ・マーフィーとナポレオン・ヒルの自己啓発、成功哲学の一部をテキストに学べるのは監修者の実績ならでは、他の速読速聴関連書籍に大きく差を付け、価格以上に本書の価値を高めています。
新しいことを始めるのに抵抗を感じてしまう場合でも第1章と第2章が、また、期間限定で2013年10月1日まで監修者の特別対談が無料視聴出来るのでモチベーション獲得に役立ちます。
http://www.ustream.tv/channel/sokudokunou
求め易い価格でプレゼントにも最適です。








posted by 酔ing(すいんぐ) at 22:15 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。