2012年08月28日

仮面高血圧だって

一月おきに高血圧と前立腺の薬をもらいに掛かり付けの医者に行っています。

昨日もちょうどその日でした。

毎日朝晩2回、血圧を測って記録する「血圧手帳」を持って先生に見てもらいます。

最近の数値は上が140〜150、下が90〜100くらいの時が多く、ひと頃より少し上がり気味。


手帳を見る先生の顔が、、ううう、、どことなく険しいものになっているような気がしてきます。(=_=;)


「塩分は控えてますか?」 「ハ、ハイ!・・・」


・・・じゃあ、測ってみましょうか、と先生。診察室の血圧計を側に持ってきて測り始めます。


結果は・・・・・・128−86 !!!(◎-◎;)


ウチではそんないい数字出たことないのに、どうしてなの??(例外として、お酒を飲んだ時は血管が広がってもっと低い数字になることはあったけど)


そういえば、前回ここで測った時も優等生のような値でした。(その時は、「朝飲んだ薬が効いているのかな」と先生が言ってました)


そして、今日、先生が言った言葉。


「病院で測ると数字が下がる人はよくいます。そういうのを『仮面高血圧』っていうんですよ」。


ヘッ、、仮面・・ですか・・・ ( ̄O ̄;)


何だかあまりいいイメージではなさそう。先生の前で仮面を被っているってこと?


下がっているんだからいいと思うんだけど・・・


今度の診察のとき、ウチの血圧計も持っていくことになりました。


果たして仮面の化けの皮が剥がれるのか、真実の姿は如何に?!

次回の診察が楽しみです。(笑)







posted by 酔ing(すいんぐ) at 21:34 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。