2012年07月10日

大人の鉛筆、職場で人気

先日、「大人の鉛筆」を職場で初めて使ってみて使い心地がよかったので、周りの同僚に教えてあげたところ、自分も欲しいという声が予想以上に多くてビックリ。 (^◇^ ;)

先日購入したのは自分用に2本と予備に2本計4本買っておいたのですが、結局自分用は1本となり、残り3本は近くの席の3人にお譲りしました。(原価でですけど)(^^ゞ

ところがその後、他の人からも欲しいという声が相次いで、今日また職場で注文取りをしました。色もナチュラル、藍、茜色、黒と様々で、硬さは全員HB希望です。

本当はみんなにショップのアドレスを教えてあげれば一々私が取りまとめなくても済むのですが、あまりネットで購入するのに慣れていない人もいるので、ここは乗りかかった舟ということでご要望にお応えすることにしました。

結局今日は全部で7本の注文を取りまとめ、予備3本と併せて合計10本をさっきネットで追加注文しました。先日と併せて何と14本!ネットショップの谷口文榮堂さんとメーカーの北星鉛筆さんから表彰されるのでは・・・(笑)


でも既に使い始めた人の評判は上々で、中には自宅用とか家族用とかで追加注文する人も。ただ最初は芯を削るのに慣れてなくて、芯を十分引き出さずに削ったりくるくる回すのがぎこちなかったり。でもすぐに慣れたようです。

また最初に既に入っている芯がBなので、HBと思って使っていると柔らかくて芯が減るのが早い感じがします。これは他の人も言っていました。

自分はまだ1週間ほどしか使っていませんが、使い心地はとてもよく、使い込むほど手に馴染んでくるという謳い文句はウソではない気がします。


職場ではまだこの「大人の鉛筆」を知らない人の方が圧倒的に多いので、これから自分の周りで使い始めると、この後またどんどん流行っていくかも。(笑)


世間では2011年日本文具大賞ということなので、いささか流行遅れのような気もするけど、でもやはり世間で流行るものはそれなりに人を惹きつける魅力があるということなんだなあと感心しています。





タグ:大人の鉛筆
posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:13 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 職場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。