2012年06月28日

大人の鉛筆を使ってみた

雑誌SAPIOの6/27号、「ヒット商品は主張する」の記事に釘付け(◎o◎)!になりました。

作家の山下柚実氏が、「大人の鉛筆(北星鉛筆)」誕生秘話を紹介しています。以下記事の一部を紹介しますね。

 ただひたすら「字を書く」ことに没頭してしまった。

 指先から鉛筆の記憶がよみがえってくる。鉛筆を握ってしっかり字を書くなんて、何年ぶりだろう。

『大人の鉛筆』。見た目は地味な、木製シャープペン。1本580円はちょいと高いな。実際に買う人ってどれくらいいるんだろう? それが第一印象だった。

 しかし、一見凡庸な筆記具が「ヒット商品」だと聞いて、がぜん興味がわく。いったいどこに、人の気持ちを揺さぶる秘密が隠されているの?

 手にとると無垢の木がふわりと優しい。ノックして芯を出して紙に当てる。サラサラと線が生まれてくる。滑っていくようなスムーズな感じ。文字が文字を生む快感。ごくわずかな摩擦と微妙な弾力とが、先端から伝わってくる。

 北星鉛筆創業60周年記念で発売された『大人の鉛筆』。2011年4月に発売され、「国際文具・紙製品展ISOT」の「日本文具大賞」でデザイン部門優秀賞を受賞し、5万本近く売り上げた。文房具では堂々「ヒット」と言える数字だ。

 芯の繰り出しや金具はたしかにシャープペン。しかし、書き味は鉛筆そのもの。ありそうで無かった不思議な商品だ。とにかく手と指の記憶を揺さぶる触感が新鮮だ。

『大人の鉛筆』を開発するきっかけは何だったのでしょうか?

「工場見学に来た親子がふともらした一言に、ヒントがありました」と同社専務取締役の杉谷龍一氏(35)は言う。

「お母さんが『大人も使える鉛筆があればいいのに』と言ったのです。たしかに今の鉛筆はキャラクターの柄が多くて子ども向けという印象が強いんですよね」

 鉛筆は子どもの文具そんなイメージが定着している。しかし製造側としては、母親の感想を聞き流すわけにはいかなかった。少子化の逆風に加えて100円ショップに中国製鉛筆が並ぶ時代。

「鉛筆の生産量は年々低下して40年前の3分の1まで落ち込んでいます。文字を書かなくなったこの時代に、あえて鉛筆から離れてしまった『大人』に向け、新しい鉛筆を作れないだろうかと。小さい頃、一番身近にあって誰もが馴染んだ道具ですからね」

対象世代を「大人」に絞りこむという、「文具として初めて」(杉谷氏)の開発コンセプトがこうして定まった。

(以下省略)

写真を見ると木の鉛筆の上部がノック式になっていて、先端の芯の部分はシャープペンの芯とは違って鉛筆の芯みたいな太さになっている。

鉛筆のようで、シャープペンの機能を持っている感じだ。

今の自分の仕事、月14日勤務のシニアですが、鉛筆って結構使う。字はボールペンで書いて、チェックするのに鉛筆を使う。これが意外と多くて、しょっちゅう鉛筆削りのお世話になる。

で、鉛筆が段々短くなって最後は鉛筆削りに入らないくらい、手でやっと握れるくらいになってしまいゴミ箱へポイとなる。

でもこの「大人の鉛筆」ならずっと最初の長さのままで使えるし、自分の席で削れる(鉛筆削りは離れた場所にある)から一々席を立たないで済む。

これはなかなかいいかも!とすぐにネットで検索。色々と探しているうち、楽天市場の谷口文榮堂が芯削りと替え芯3セット付1000円(送料込!)で一番安かったので即注文。(期間限定販売のため現在は受付中止中です<7/5後記>) それが昨日届いて、今日が筆おろしならぬ鉛筆おろしなのです。

大人の鉛筆を仕事場の机の上に置いてみた。

感触は全く鉛筆。シャープペンに比べると鉛筆の感触・ぬくもりを感じます。やや重さを感じるけど使っているうちに慣れました。

芯はBですが、普通のBよりも柔らかい感じで、減り方がやや早いかも。HBにしておけばよかったかなとちょっと後悔。(ふだん会社の鉛筆はHBだけど、シャープペンはいつもBなのでBにしてしまった) でもそれほどは気にはならない。

替え芯と鉛筆削り器

付属の鉛筆削り器はよく削れます。下に粉になって落ちていくしくみ。電動髭剃りの粉みたいで面白い。一杯になるまで捨てないでとっておこ。(笑)

という訳で、今日はいつもより気分よく仕事ができました。
♪( ̄▽ ̄)ノ"


   

 




posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:17 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース&話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

大人の鉛筆楽天激安最安値比較!
Excerpt: 大人の鉛筆の激安最安値を比較するならこちら→大人の鉛筆楽天激安最安値を比較する!東京下町・北星鉛筆が発案した文具、「大人の鉛筆」を御存知でしょうか。今更鉛筆と思う人もい...
Weblog: 楽天激安最安値がわかる便利サイト!
Tracked: 2012-10-03 16:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。