2012年05月20日

空腹が人を健康にする?!

今、本屋に行くとベストセラーの上位に必ず見かける本がある。

テレビにもよく出ている南雲吉則医師の「1日1食」関連の本が何種類も店頭を飾っているのだ。

そして共通しているのは、南雲医師の年齢が56歳であるのにどう見ても40歳代にしか見えない写真が掲載されていること。

実際に南雲氏曰く、身長173センチ、体重62キロ、血管年齢26歳、骨年齢28歳というから驚き。


本屋でずっと立ち読みを続けていたが、だんだん深みに嵌ってとうとう買ってしまった。初めは『50歳を超えても30代に見える生き方』。次に『空腹が人を健康にする』と2冊も陥落してしまった。

最初はとんでもないことを言う医者だと思いながら手に取ったのに、読み進めるうちに思わず引き込まれてしまう。

気付くとすっかりその気になっていて、これはある種宗教にも通じるような「何か」があるのかも。(笑)


一月くらい前の読売新聞。記者が書いているコラム記事で思わず笑った。急に昼食を取らなくなった部下の記者がいたそうだが、聞いてみるとこの本の読者だったとのこと。でも結局我慢できずに反動食いしてお腹を壊したということが書かれていた。

そりゃあそうなるって。(笑)

これまで数十年間、1日3食を続けてきたんだから急に1食にしたら慣れない飢餓感に体が耐えられないでしょ。

自分は意志が強くないからそんな無謀な挑戦をする気はハナからないけど、でも本に書いてあることはすごく参考になることが多い。

『空腹が人を健康にする』の中にはこんなことが書いてあります。

17万年に及ぶ人類の歴史は、飢えと寒さとの戦いであって、その中でお腹いっぱい食べることができた時期は、わずか100年にも満たない・・・

私たちの祖先は、少ない食べ物の中からできるだけ多くの栄養を吸収しようとする遺伝子を獲得してきました。それが「生命力遺伝子」を構成する「飢餓遺伝子」と呼ばれるものです。

ようやく食べ物にありついても、次はいつありつけるかわかりません。そこで少しでも食べ物を摂取すれば、それをすかさず脂肪として体に蓄える体質を獲得しました。そう、私たちの体はちょっと食べるだけで太るようにできているのです。

お腹が「グーッ」と鳴るのは、空腹を知らせるサインですが、だからといって、あわてて食事をかき込んだりはしません。しばらくは、この「グーッ」の時間を楽しむようにします。なぜなら、このときこそ、「生命力遺伝子」の中の「サーチュイン(長寿)遺伝子」が発現しているからです。


そういえば昔、子供の頃はお腹がグーッと鳴ることってよくあったような気がするけど、最近というか、大人になってからはめったにお腹が鳴ることってない。

ところが、、、この本を読んで、意識して食事の総量を減らしたり、肉の代わりに魚にしたり、また間食をしないようにしたら、なんとお腹がグーッと鳴った!(@@;)

これまでだと、そんな時はすぐに食べ物を口に放り込むんだけど、この本を読んでからは、この「グーッ」が何とも懐かしくて、かつ貴重な感覚に思えてくるから不思議。(笑)


そのおかげかどうか分からないが、最近ちょっと体重が減ってきた。

2ヶ月ほど前のピーク時に76キロだったのが、最近は73キロ前半に。そして今日は久しぶりに72キロ台(72.8キロ)になった。♪( ̄▽ ̄)ノ"


前にもダイエットをして67キロくらいまで減ったことがあるので、当面また目標を67キロということで気長にやるつもり。気持ちだけは「1日1食」のつもりで・・・


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


「空腹」が人を健康にする [単行本(ソフトカバー)] / 南雲吉則 (著); サンマーク出版 (刊)

50歳を超えても30代に見える生き方 「人生100年計画」の行程表 (講談社プラスアルファ新書) [新書] / 南雲 吉則 (著); 講談社 (刊)





posted by 酔ing(すいんぐ) at 22:23 | 神奈川 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分は一日三食がっちり食べている。それでも休日に自転車で遠出すると、週初めは昼前に腹がへり困る。腹がへると考えることが出来なくなるから、SOYJOIなどで補給している。毎度のことですが、今週NHK「ためしてガッテン」にて、よく噛んで食べると、楽に痩せられると説明していた。噛むことにより「ヤセ体質細胞」を活性化させるという理由だった。あらためて、いくら食べても太らないという長男はとにかく食事がゆっくりしているので、納得。
Posted by Kobayashi at 2012年05月26日 11:07
コメントありがとうございます。
自転車で遠出すると、その消費エネルギーはかなりのものなんでしょうね。腹が減って困るなんて健康そのもの!(笑)

でもやはり運動は健康に欠かせないようで、南雲医師はエネルギーを消費する簡単な運動として、姿勢を正して大股歩きをすることを推奨していました。

・・・ので、実行しています。(^^ゞ

でも、なにせ通勤時間を利用してのことなので、絶対量が足りないことは確か。やはりもっと意識して動く・歩く時間を増やしていかなければ。(食事もよく噛んで!)

お互い頑張りましょう!!
Posted by 酔ing at 2012年05月26日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。