2011年09月12日

初めての予備車検場

今月末に控えた車検の期限が迫ってきました。

前回はコバックでやってもらったけど、今回はユーザー車検に挑戦するつもりです。

前々回、ユーザー車検を息子に頼んでやってもらってずいぶん安く済んだという記憶が強く残っていたので、また今回もやってみようかなと。

一応ネットで見積を2社取ってみると・・・。

6万円〜7万円といったところ。(14年9月登録のマーチ)

まあ金額的にはそれ位でもかなり安いとは思うけど、どうせなら最低限のところまでやってみようと決心。ネットでユーザー車検の体験記のようなものを探して、準備を始めた。

体験記をいくつか読むと、事前に予備車検なるものを受けたというのが複数載っている。

しかもそのうちの2つは自分のエリアの神奈川陸運支局で車検を受けていて、その近くにある栄和自動車というところで予備車検なるものをやっていることが分かった。


そこで、今日午前中、その栄和自動車に電話をしてみた。

今週自分の予定は今日と15日(木)が休み。で、15日に神奈川陸運支局に車検の予約を取ったことを伝えると、その日の朝予備車検をしましょうとのこと。

しかしすんなり予備車検が終わるとは思えなかった(最近結構ぶつけたりこすったりしてしている)ので、今日一旦見てもらい、直すところがあれば15日までにやるということにして、3時過ぎに栄和自動車へ行ってきました。


場所がすぐ分かるか心配で、地図を見ながらの運転だったけど、神奈川陸運支局に近づくとほとんどの電柱に栄和自動車の案内プレートが貼ってあって、これじゃあ間違えようがない。(笑) 無事到着です。

 「横浜予備車検場」の表示がほとんどの電柱に

 横浜予備車検場に近づいてきました

そこで目に入ってきたのは、整備工場というより模擬車検場という雰囲気の光景。


検査料3千円を払い、運転席に乗って検査開始。たぶん本番もこういう感じで検査を受けるんだろうなあと思いながらゆっくり前へ進み、工程順に検査を受ける。

 どちらかのコースに進んでいきます

本番では、スピードメーターの確認は40キロのところでパッシングをするらしい。でも今日の予備車検では40キロのところでブザーが鳴った。(ニュートラルでエンジンをふかすのでかなり音がうるさい)


サイドブレーキをかけずにニュートラルにと言われても、思わずサイドブレーキを引いてしまう。それが2、3回あったけれど、あとは何とかスムーズにいった。


ゆさゆさと車全体を揺さぶられるテスト。これはサスペンションの機能を調べるためらしいが、大地震に遭っているみたいでちょっと気持ち悪い。

地下から検査員が車の下部を見る工程では、オイル漏れやボルトの緩みなどを調べていたようだ。

あと、ウインカーやブレーキ、ギヤ入れなどのテストなど。

 予備車検場の内部は本車検場のような雰囲気

以上のような工程を踏んで予備車検は終了。思っていたより簡単で、ものの10分足らずで終わった。


結果は特に異常なしとのことで、ヘッ?とキツネにつままれたような気分。要は多少のキズやへこみがあっても運転に支障がなければ車検では問題にならないらしく、安全運転のために必要な整備がされているかが車検の基準となっているようだ。

普通予備車検を終えて車検場へ直行するケースがほとんどのようで、自分の場合は3日後となることを伝えると、万一当日バツが付いたらすぐに車を持ってきてくれれば代金なしで直しますと言われたのでまずは一安心。


心配していた整備記録について聞いてみると、全然見ないから大丈夫とあっけらかんに言われてしまった。

だけど神奈川陸運支局のサイトを見ると、≪国土交通省からのお知らせ≫として「自動車点検整備推進運動の強化月間中(9月、10月)、前検査でユーザー車検の事業用自動車を対象に、直近の3ヶ月定期点検の実施状況を確認します。点検整備記録簿をお忘れなく。」なんて書いてあるよ。ホントに大丈夫??


とりあえず最低限のところは大丈夫そうだということが分かったけど、手入れの部分がまるっきりやってない。それが不安で、車検には関係ないとは言われたけど、一応区切りなのでエンジンオイルを交換しようと最後の検査の人に言ったら、うちではやってないけどということで、近くのオートバックスを教えてくれました。


この際だからこのまま行っちゃおう。ということで初めての港北インター店に直行。

そもそもふだん車は動いてくれさえくれればいいと思っている人間なので、こういったオートバックスみたいな店に入るのは敷居が高いというか素人故の抵抗感がある。けど、今日はそんなことも言ってられないのでおずおずと(笑)入っていく自分が可笑しい。


で、オイル交換をしたいんですけどと受付の女性に言うと、いきなり「@◆☆×△%$#〜*」と訳のわからない名前を言われて (@@;)、とりあえず現物を見に行くとこれでした。

 カストロール・マグナテックという名前のオイルでした


なんでも柔らかくできているそうで(よく分からないけど)、しかも1,000円安くなっているみたいなので、じゃあこれと訳の分からないまま決定。

次にオイルエレメントはどうしますか、って聞かれたけど、それ何?って聞くのも恥ずかしいしメンドウなのでそれはいいですととりあえずお断り。

ところがその後、フィルターはいいんですねと言われてそれはお願いしますと答えてしまった・・・


後で調べたら・・・、オイルエレメントってフィルターのことだったあぁぁ〜〜|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

ああ、恥ずかし〜い。やっぱり知ったふりはいかんワ。(笑)


しかし何とかオイル交換をやって、オイルエレメント交換もやって、ついでに空気圧調整もやってもらって、これでいいかと思ったらまだあった。


向こうの整備員もよく教育されているみたいで、取り出したドロドロ状の褐色のエンジンオイルを見せてくれてエンジン内部洗浄を勧められた。


うーーん、こんなに汚れているんかあと思うとやはり、じゃあお願いとなってしまうよね。(笑)


これはオイル添加剤というものを混ぜ合わせるだけのようだけど、それで3,980円追加。

まあこれまで何もしないで(車検の時だけ最低限やるだけで)きたんだからこのくらいは仕方ないか。


その後ATF交換なるもの(オートマギアの洗浄らしい)も勧められたけど工賃込みで8,400円!と聞いて迷うことなくノー。

結局オートバックスでの出費は、会員入会費1,050円(会員になると工賃がタダ)、オイル3,280円、オイルエレメント1,134円。全部で9,444円となった。(予備検査と合計で今日の出費12,444円)


さあ、あとは15日の本番を迎えるのみ。


そうだ、ホイールキャップを外ないといけないみたいなので、明日か明後日やっておこう。

洗車もした方がいいかな。(今までやったことがない)

クルマの下から検査する係の人の顔に泥や埃が落ちてきたら心証を害するだろうから。(笑)


では、次回、本番の様子を書いてみたいと思います。







posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:03 | 神奈川 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変参考になりました。
ユーザー車検は何回目までなら心配なくできますか。???
私は未体験です。
Posted by ヒデ at 2011年09月16日 13:12
お久しぶりです。
コメントをいただき、ありがとうございました。

ユーザー車検はプロが整備をしていないので何回くらいまでユーザー車検を続けても大丈夫なのかという意味でしたら、ずっとユーザー車検を続けても大丈夫だと個人的には思っています。

ただし整備不良によるトラブルや事故はすべて自己責任ということになるので、時々はプの目で点検整備をしてもらうべきではないでしょうか。

予備車検では車検に通すために必要最少限の検査と修理をするだけのようですので。
Posted by 酔ing at 2011年09月17日 14:15
おはようございます。
詳しい説明を頂き誠にありがとうございました。
車検は整備と手続きに分かれるので、「自己責任で整備をしていれば、車が古くなってもユーザー車検を出来る」と言う酔ingさんのおっしゃる説明はその通りだと改めて認識しました。
車検が完了したら、ぜひ、経過をエントリーして教えてください。
Posted by ヒデ at 2011年09月18日 09:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。