2011年09月09日

10年ぶりの大腸検査

もう10年も受けていなかったなんて自分でも驚いた。

10年前、横浜の松島クリニックでポリープを取って以来になるのかあ。

今回も同じクリニックで受診することとなり、昨日から準備態勢に入りました。


まず食事。消化の良いもの、ということで昼はうどん、夕方はおじや。

ふだん健康食とされている五穀米とか、海藻類、きのこ類、こんにゃく繊維の多い野菜などはダメだって。


そして夜。いよいよ下剤の登場。(笑)


マグコールPを200mlの水で溶かし、その中にラキソベロンという液体を加えて飲んだ。

200mlの水に溶かして飲みました。意外と飲みやすい。

グレープフルーツの味付けになっていて意外と飲みやすい。

30分ぐらいしてから徐々に効果が現れ始め、寝るまでにトイレと部屋を往復すること5回。

何回トイレに行ったかを報告するようになっていて、今朝の分を入れて計8回、、はいいのか悪いのか分からないけれど。

その後、寝るまで冷やした水をがぶがぶ飲む。



今日は朝10時クリニック受付。

実際の内視鏡検査は午後からで、午前中はその準備。つまり下剤というか腸内洗浄剤を飲んで腸内をきれいにする作業が待っている。(1から5までの排便状態の写真があり、透明状態の5にならないと次に進めない)

この洗浄剤ってニフレックという名前(味の素製薬)のおそろしく飲みにくい液体。これを約2時間かけて1.5リットル飲み干す。(人によっては2リットルの人もいた)

しかしそれをクリアしないと便が透明にならず、内視鏡検査ができないとあって、最初はのんびり本を読んだりおしゃべりし合っていた人たちも途中から必死になって体を動かしトイレに通い始めた。


ただじっとして全部飲み干すことは不可能で、歩いたり足踏みしたりお腹をマッサージしたりしながら何度もトイレに行って排出する、それはまるで苦しい修行か拷問のように思えてくる。


自分は12時20分までに飲んでくださいと言われ、ぎりぎり5分前に飲み終わった。トイレの回数も5〜8回以上行かないといけないみたいで、7回だから合格なのかな?(4回と申告した人はもっと回数行くよう言われていました)


何とか修行を終えるとようやく検査となり、ここまでくれば後は楽チン。

鎮静剤を打たれてあっという間に眠りの世界へ。眠りから覚めるとすべて完了っていいなあ。(笑)


10年ぶりの検査結果は、ポリープ1個発見。腸内はきれいとのこと。

ポリープも良性で切るほどの大きさでもないとのことで、来年の検査でまた診ることに。


それにしてもこの検査、事前の準備の方が検査の99%を占めているって感じ。あのニフレックをもっと飲みやすくしてくださいよ、お願い、味の素さん!







posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:59 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。