2011年04月17日

今年初の苗植え

引っ越ししてようやく3か月。

去年は抽選で当たった市民農園を借りて、初めての野菜作りに挑戦した1年だった。

今年は新しい家の前の畑を、地主さんから借りることができたのでまた野菜作りができる。

ただし去年と違って元々田んぼだったところを畑にした土地なので、土が粘土質なうえ、畝づくり、開墾から自分でやらなくてはならない。

これが結構キツかった。

4つの畝を作るのに、周りに溝を掘って土を盛っていくのだが、土がねっとりと固くてシャベルで掘るのにずいぶん力が要る。土が重い。


今考えればこれまでの市民農園は最初から柔らかい土で、ずいぶん楽だった。


この2か月ほど畝作りばかり続けてきて、ようやく前回、苦土石灰を撒くまでこぎつけた。


いよいよ苗植えということで、昨日近くのホームセンターで何種類かの苗を買ってきた。


そして今日、いよいよ苗植え。

 苗を植える前に牛糞と腐葉土を撒いた。

 この牛糞、肥やしそのものの臭いは強烈だった。

 ようやく苗を植える段階まできました。


植えたのは、トマト、水茄子、落花生、エダマメ、キュウリの苗、それに里芋、ジャガイモの種イモ。

 お隣のオリビアちゃんもお手伝いをしてくれました

 落花生の苗

 エダマメの苗

 トマトの苗

周りの人に聞くと、最初開墾したばかりでジャガイモは難しいらしい。

でも、場所が余っていたのでダメ元でジャガイモも植えておいた。

さあ、とりあえずは植えるところまでこぎつけた。

 お手伝いしてくれたオリビアちゃん、ありがとう


あとは水遣りや草取りが待っているが、これからも頑張ろう。








posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:59 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1950年代戦後の色が濃かった頃の横浜。祖父が庭でねぎ、きゅうり、なす、にんじん、トマト、サツマイモ、サトイモなどを作っていた。他に仕事があったから、週末の趣味だったと思う。鼻歌を歌いながら楽しそうに作業していたのを鮮明に憶えている。腰を屈めて土を相手にするのは大変だけど、気持ちを楽しませるものがあるのしょう。最近、自分は庭の雑草を取っていて、ギックリ腰をやってしまった。気をつけて下さい。
Posted by Kobayashi at 2011年06月11日 11:09
コメントありがとうございます。
もう50年以上前の記憶ですね。その頃の横浜は、庭先での野菜作りは普通の光景だったのでしょうね。私の父も会社に勤めながらニワトリを飼っていたことがあると言っていました。

今、自分もやはり横浜でこうして家庭菜園をしていられるのもこの時代では有難いと思います。ぎっくり腰に気を付けて頑張ります。(まだ自転車は始めていませんが)(笑)
Posted by 酔ing at 2011年06月12日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。