2010年12月12日

アロマの刺激 認知症緩和

2日前(12/10)の読売新聞の学び・くらし欄に「アロマの刺激 認知症緩和」という記事が載っていました。

アロマの刺激が認知症にいいみたいです。

記事によると、鳥取大医学部の浦上克哉教授の研究で、28人の認知症高齢者にアロマセラピーを施した結果、顕著な結果が出たとのこと。


(その内容は以下の通り)

昼用には、集中力を高め、記憶力を強化するといわれるローズマリーとレモンをブレンド。

夜用には、鎮静効果が期待される真正ラベンダーとスイートオレンジをブレンド。

これらの香りに接するセラピーを昼夜2時間ずつ、約1ヶ月続けてセラピーを受ける前後で記憶力などを調査した結果・・・

正常な人は0点、アルツハイマー型認知症の人は14点以上になる機器で測定したところ、認知症高齢者の11人については平均5点の改善が見られた。

また、夜間よく眠るようになって生活リズムが整ったため、「昼は眠りがちで夜に大声を出す」といった認知症特有の症状も緩和された。

その理由としては、アルツハイマー病は、嗅覚をつかさどる「嗅神経」から障害が起こるとされ、アロマセラピーはこの嗅神経に良い刺激を与えている可能性があることなどが考えられる。



と、以上の記事を読んで、最近自分の脳に自信がなくなってきた自分としては直ぐにでもやってみたくなり、今日早速近くの京急百貨店の中にある「生活の木」という店に行ってきました。

お店の人の話では、最近NHKがアロマを取り上げて、その影響で客が増えているそうですが、おとといの読売新聞でも取り上げられたせいもあるのか(自分だけかも)、今日は客の切れ目がないくらい。


で、とりあえずアロマの用具を一式を買うことにしました。

あの湯気が出るポットはディフューザーというようで、5,250円、アロマはレモン、オレンジスイート、ラベンダー(各630円)を買って計7,140円もかかってしまいました。(。>_<。)


しかし家に帰ってセットしてみたら思いの外いい香りで、気分がとても安らぐ〜。

第1回目はスイートオレンジとラベンダーの混合

こんなにいい気持ちになれるんだったらもっと早くやっていればよかった〜〜((((* ̄ー ̄))ノ


これから少しアロマのことを研究して、他の香りも試してみようかな。







posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:57 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。