2010年11月08日

APECのみなとみらいを歩く

昨日7日から14日までの日程で、横浜のみなとみらいでAPEC の閣僚・首脳会議が行われています。

昨日は日曜日なので会社のあるみなとみらいに行く予定はなかったのですが、京都在住の中学・高校時代の友人がこちらに出てくるということで、急遽横浜を案内することになりました。

その友人とはもう30年ぶりくらいの再会です。

どんなに変わっているだろうかと少し心配だったのですが、風貌は髪の毛が薄くなった他は昔とほとんど変わらず、電話の声と同じように会った瞬間すぐに彼だと分かりました。


その彼の要望で、まだ行ったことがないみなとみらいへ行くことになりました。


しかし閣僚・首脳会議の行われる国際会議場付近は立入り禁止だし、その他の場所も厳重な警戒体制で普段のみなとみらいとは違っていると思うのですが、それもまた思い出でいいかもと思い、敢えて行ってみることにしました。


桜木町駅に着くと、まずホームに警官、改札口にも警官、構内にも警官といつも通りの厳重な警備ぶり。

駅を降りると、若いお姉さんがAPECの案内プラカードを持って立っていました。

 桜木町駅前でAPECの案内板を持つ女性

 みなとみらいの玄関口、桜木町駅前はいつもより人が少なかった。


駅前広場はいつもの休日に比べ、人は若干少ないように感じました。でも汽車道を通って赤レンガ倉庫へ向かっている人も結構いて、あれ、あっちへまだ行けるの?と思ってしまいました。


我々は動く歩道から横浜美術館の横を通って、みなとみらい駅から横浜東口ベイクォーターに向かって歩くことにしました。

 動く歩道から日本丸を見下ろす。


途中にある広い空き地には警察の車が何十台と止まっている他、APEC関係者用のバスも結構止まっていていました。

向こう側には警察の車がいっぱい。手前(見えませんが)にはAPEC関係のバスも止まっていました。

また、スタバ&ツタヤの横の道路では海側へ向かう車への検問が行われていました。

検問を行っている警官とパトカーが見えました。

検問をやっている場所に近づいてみました。黒い車が検問を受けています。

スタバ&TSUTAYAの横の道でやっていた車の検問


しかし新高島駅を過ぎると警官の姿もちらほら見える程度に少なくなってきます。日産本社のギャラリーを下に見ながらさらに進むとベイクォーターが見えてきました。


普段めったに来ないベイクォーターなので、着いたはいいけどどこに案内すればいいのか分からず、3階から5階までウロウロしましたが、結局5階のピザの店に入りました。


ビールとピザで30年ぶりの旧交を温めているうち時間はあっという間に過ぎ、またの再会を約束して昨晩は別れました。








posted by 酔ing(すいんぐ) at 21:54 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | みなとみらい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。