2010年11月07日

ラジオ深夜便/ドリス・デイ&ペギー・リー

昨日(というか今日の夜中)、久しぶりにラジオ深夜便の2時からのコンサートを聴きながら寝ました。

昨日は栗田敦子さんのアンカーで、ビンテージ・ポップス〜ドリス・デイ&ペギー・リーの懐かしい歌です。

3時までの1時間、前半はドリス・デイ、後半がペギー・リーで、最初の曲は「ケ・セラ・セラ」、2曲目は「センチメンタル・ジャーニー」と続きました。

それぞれ6、7曲ずつくらいだったと思いますが、その中から3曲ほどここでまた聴いてみたいと思います。

どれも懐かしい曲です。

【ケ・セラ・セラ】


小学生の頃、よくラジオでこの曲がかかっていたのを思い出します。

アルフレッド・ヒッチコック監督の映画『知りすぎていた男』(1956年)でアメリカの女優・歌手ドリス・デイが歌い、ヒットしました。ペギー葉山さんも歌っていましたね。

先のことは分からない、くよくよしたって始まらない、なんとものどかでおおらかなアメリカ人気質がそのまま現れているような曲ですね。

When I was just a little girl
I asked my mother what will I be
Will I be pretty will I be rich
Here's what she said to me

Que Sera Sera
Whatever will be will be
The future's not ours to see
Que Sera Sera
What will be will be


【センチメンタル・ジャーニー】


この曲もよくかかっていたような気がしますが、作曲されたのは1944年ということですから戦争中なんですね。

レス・ブラウン楽団の演奏で当時専属歌手だったドリス・デイが歌っていますが、彼女のこの歌で多くの兵士が癒された、そんな曲であったようです。

Gonna take a sentimental journey,gonna set my heart at ease
Gonna make a Sentimental Journey to renew old memories

Got my bag, I got my reservations,spent each dime I could afford
Like a child in wild anticipation,long to hear that, "All aboard!"

Seven,that's the time we leave at seven I'll be waitin' up up for
Heaven,countin' every mile of railroad track that takes me back


【オン・ザ・サニーサイド・オブ・ザ・ストリート】


この曲はもっと古くて1930年に作曲されています。

Grab your coat and get your hat
Leave your worry on the doorstep
Just direct your feet
To the sunny side of the street

Can't you hear the pitter-pat?
And that happy tune is your step
Life can be so sweet
On the sunny side of the street

上着をつかんで帽子を持って
悩み事は玄関のところに置いて
通りの陽の当たる方へ足を向けてごらん
ほら、パタパタという音が聞こえないかい
そのハッピーな音は君の足音だね
通りの陽の当たる方なら、人生って楽しいよ

何とも大らかな明るい歌詞ですけど、アメリカが不景気のどん底にあった1930年という時代背景を考えると何となく分かるような気もします。

これまでは日陰を歩いてきたけれど、これからは陽の当たる側を歩いて行こうよと言って、人々の気持ちが暗く沈んでいる時に何とか明るい未来へ目を向ければきっといいことが待っていると励ましているようです。

どこか、戦後日本で流行った『りんごの唄』にも通じるものがあるような曲だと思います。








posted by 酔ing(すいんぐ) at 22:43 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。