2010年11月03日

横須賀美術館へ行こう♪

今日は文化の日ということで、横須賀市の横須賀美術館が無料!の日でした。

今まで2回ほど行ったことがありますが、せっかくなので家族で行ってみました。

横横(横浜横須賀道路)でこれまで終点だった佐原より先に行ったのは初めてでしたが、馬堀海岸ICで降りて10分くらいで着きました。


すごく混んでると思ったけど、時間が3時半位だったのがよかったのか、駐車場に入るのに10分ほどかかっただけなのでまあラッキーかも。(^ー^)v


今日の展示のメインは2010年10月30日(土)〜12月26日(日)まで開催の「ラファエル前派からウィリアム・モリスへ」展で、サブタイトルは「英国ヴィクトリア朝芸術の精華」となっています。

説明では、ラファエル前派は、1848年にヴィクトリア朝のイギリスで結成された芸術家のグループ。自然を見つめ、伝説や神話に取材しながら詩情に富んだ作品を生み出していったとあります。

ロセッティ、バーン=ジョーンズなどの作品が中心で、その他ラファエル前派の理想に共鳴して活動したウィリアム・モリスの作品も展示してありました。


美術のことはあまりよく分からないけど、写真のようなタッチで描かれた写実的な絵や、繊細で柔らかな色合いの絵に惹かれる作品が多かったように感じました。

古代神話や中世の物語を題材にした作品も多く、この時代の流れのようなものも感じました。


この横須賀美術館は横須賀市制100周年を記念して2007年に建設された美術館で、まだ新しくてきれいでゆったりした空間がとても気持ちいい。

美術館のコンセプトが「風景と一体となった建物を造る」ということのようで、広い敷地の中、建物の半分は地中に埋まっていて、地上の部分から見える東京湾の海の景色は、それ自体が美術作品のように見えるようです。

横須賀美術館。海の広場からの景色は最高です。

近くには観音崎公園もあり、時間があれば一日中楽しめそう。

横須賀美術館のHPです。
http://www.yokosuka-moa.jp/index.html

横須賀美術館のHPの中の紹介の動画です。
http://www.yokosuka-moa.jp/museum/img/museum_jpnhi.wmv


まあ、日頃文化には縁のない生活をしているので、文化の日くらいはこういう体験もいいのかも知れません。(=^^ゞ








posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:08 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。