2010年08月30日

ラジオ深夜便/京都にゆかりの曲

先日、横浜スタジアムでビールの飲み放題に行った日、家に着いたのは10時頃だったと思いましたが、結構回っていてすぐにそのまま寝てしまいました。(* ̄o ̄)/

しかし夜中の2時頃目が醒めてしまい、またラジオ深夜便を聴いてしまいました。

その日は京都からの放送で、アンカーは中川緑さんでした。

2時からのコンサートの時間は「京都にゆかりの曲のリクエストとお便り紹介」をやっていました。


また聴くとはなしに聴いていると、懐かしい曲のオンパレード。

「女ひとり」「舞妓はん」「京都の恋」「京都慕情」「千年の古都」「遠くへ行きたい」「真夜中のギター」などが次々とかかり、ずっと最後まで聴いてしまいました。


【渚ゆう子/京都の恋 】



【渚ゆう子/京都慕情 】



どれも30年以上前かと思って調べてみたら、「京都の恋」が1970年5月、「京都慕情」が1970年12月の発売というからもう40年も前の作品なんですね。

どちらもベンチャーズの作曲で大ヒットしましたが、「京都の恋」は、日本での英語題は"Kyoto Doll"、米題は"EXPO'70"であり、ザ・ベンチャーズの演奏で1970年開催の日本万国博覧会を記念して製作されたとあります。

オリコンのシングルチャートで8週連続1位を獲得。渚ゆうこさん自身初の85万枚を超える最大のヒット曲となったそうです。


また「京都慕情」は原題が「Reflections in A Palace Lake」というそうです。(ウィキペディアより)



【千賀かおる/真夜中のギター 】



「真夜中のギター」も同じ頃の歌だったと思うけれど、たしか「ちがかおる」だと思っていたら、アンカーの中川さんが「せんがかおる」と言ったのでびっくりしました。


エッ、そうだったの?でもレコードを買ったことあるし、確か「ちがかおる」だと思ったけどなあなんて思いながら聴いていました。(今回のYou Tube の画像ではアナウンサーが「ちがかおるさん」と紹介していたので間違いない!)

え?「千賀かおる」じゃなくて「千賀かほる」が正しい??
/( ̄ロ ̄;)\

そうですね。そういえばそうでした。ノ(´д`) ここに訂正させていただきます。


「せんがかほる」に関しては、昨日(9/3)たまたまラジオ深夜便を聴いていたら、2時40分頃、関西発の西橋正泰アンカーから「ここで訂正のお知らせがあります」とアナウンスがあり、「8月28日の放送の中で『ちがかほる』さんを『せんがかほる』さんとご紹介していました。お詫びして訂正させていただきます」と正式な訂正のコメントがあったことをお知らせしておきます。(2010/9/4 追記)



【遠くに行きたい/ジェリー藤尾】








posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:59 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。