2010年08月18日

読売新聞 ぷらざ欄/労々介護

今日の読売新聞家庭面の「ぷらざ」という投稿欄に、「妻と互いに『労々介護』」という題でちょっといい話が載っていました。

83歳の方の投稿で、奥さんが入院した際、見舞いに行きながら食事や洗濯など身の回りの世話をやって奥さんに喜んでもらったことが書いてあります。

慣れない介護を労わりの気持ちから「労々介護」だったと書かれていらっしゃることから、この方の優しい気持ちが伝わってきました。


妻がちょっとしたことで入院した。わずか5日間だったが、初めてのことで戸惑った。毎日、病院と自宅の間を往復しながら世話をした。

私たちは2人とも80歳を超えているから、まさに「老々介護」。妻の口に合わない病院の食事ではいけないと思い、妻の好きな物を料理して持って行った。洗濯物を持ち帰って洗ったり、慣れないことばかりだった。

でも、私が行くと妻がうれしそうな顔をして安心して休む。慣れないけれど、これは「老々介護」ではなく、労(いたわ)り合いながら世話をするのだから「労々介護」だと言って、妻と笑いながら話した。

退院した妻が「お蔭さまで気持ちよく入院生活ができたよ」と喜んだのを見て、昔読んだ本に「介護は快護でなければならない」と書いてあったことを思い出した。相手が気持ちよく受け取れる介護が「快護」だろう。

今度は私が世話になる番かもしれないから、「お互い快護でね」と妻と話している。

(8月18日読売新聞 ぷらざ欄 群馬県伊勢崎市・木暮寿雄さん(83))


自分もこんなにできるかどうかは心もとない。

はっきり言ってとてもできそうもない気がするけど、少しはこの方を見習って最低限の料理くらいできるようになっていないといけないかも知れない。


これまで一度も料理をしたことがないのでかなり壁が高く感じるけど、今のままではとても介護なんて無理。

でも思い切ってやってみようと、少し真剣に思っている。







posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:59 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。