2010年08月06日

ラジオ深夜便/ザ・ピーナッツ特集

昨日の夜の深夜便、といっても時間は今日ですが、2時からの「ロマンチック・コンサート」でディスコを聴いた流れで、そのまま消さずに聴いていたら3時からの「にっぽんの歌こころの歌」で、ザ・ピーナッツの特集をやっていました。

ザ・ピーナッツって懐かしいし、実は結構好きな歌があるのです。

「恋のバカンス」「情熱の花」「ウナ・セラ・ディ東京」「恋のフーガ」などかなり好きです。


また知らない曲もかかりましたが、それがまた新たな発見(?)でいっぺんで気に入りました。

純和風の「舞妓はん音頭」や、唯一の演歌「大阪の女」など、ポップス以外のザ・ピーナッツの新たな発見です。


おかげで朝の4時まで起きていることになってしまいました。


今日会社から帰って夕食後、早速動画を探してみました。

あります、あります!


そこで今日は、昨日の(今朝の)深夜便でかかった曲の中からいくつか選んでみました。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【恋のバカンス】



【可愛い花】



【ウナ・セラ・ディ東京】




【恋のフーガ】




【大阪の女】 ザ・ピーナッツ唯一の演歌!




昨日のアンカー、迎康子さんの語りはしっとりと落ち着いていて心が和みます。

その迎さんが、「ザ・ピーナッツは本当に歌が上手いけれど、それだからといってとっつきにくいわけでなく、とても親しみやすい」と言っていました。

まったく同感です。(=^∇^=)ノ








posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:59 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。