2010年07月27日

肩凝りが激痛に

先週の金曜日、朝起きると肩から腕のつけ根あたりが痛い。

前日から左肩が凝って予兆のようなものを感じていたが、いよいよ痛みが襲ってきた。

あ、これはダメだと直感した。以前、もう10年前くらいにも経験したあの激痛が蘇った。(((p(>v<)q)))!!

会社に電話して休むことに決めた。


その5〜10年前位にも一度経験している。

最初の時は肩に注射をして、その後楽になった。

次の時は逆に肩に溜まったカルシウム(みたいなもの)を針で抜き取った。それで楽になった。


今回は注射ということになった。が、なかなか痛みは引いてくれない。o(;△;)o


痛みは収まらず、土曜日は寝ながら本を読むくらいしか何もできなかった。(本当は市民農園に水遣りに行く予定だったのに。結局、奥さんと娘が二人で行ってくれた)


日曜日になるとようやく薄皮がはがれるように少しずつ痛みが和らいできた。

パソコンや車の運転など、日常の生活ができるようになった。(=´∇`=)


しかし腕が上がらないで困ることって結構ある。

 ・寝る姿勢がいつもの姿勢を取れないので寝れない
 ・茶碗が持てない
 ・着替えで腕を袖に通すことができない
 ・風呂で自分の頭や顔を洗えない
 ・車のハンドルが回せない
 ・ベッドから起きるのに時間がかかる
 ・トイレでお尻が拭けない(スミマセン)

等々、利き腕でないのに、やはり不便極まりない。


体が痛みに支配されていると、気持ちまで後ろ向きになるものだ。何もやる気がしなくなる。何より痛みにじっと耐えるのが一番辛い。大げさに言えば生きるのが辛くなるほどである。

ちょっと痛いだけでそんな風に感じるなんて、辛い病気に罹っている人から見れば大甘もいいところということになるのだろう。

しかし普段痛みとは無縁の生活をしていて、急にこうして痛みに襲われるとまったく情けなるほど弱いものだ。(;´д` )

しかも奥さんはお産の痛みを引き合いに出してあまり同情してくれない。(・_・、)

確かに女の人は痛みに強いようにできているのだろう。


ようやく月曜日、出社できる状態になって出勤した。

完全な状態ではないが、仕事にはほとんど影響なかった。


今日は非出勤日に変更してもらい、ゆっくり休ませることができたので、若干違和感があるけどもう大丈夫っていう感じ。

金曜日から数えて5日目。

結局、歳を取ってきたということなんだろうか。(ノ_<。)







タグ:肩凝り
posted by 酔ing(すいんぐ) at 19:49 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。