2010年06月30日

パラグアイ戦惜しかったけど、感動した!

サッカー・ワールドカップ、決勝トーナメント。昨日のパラグアイ戦、最後の最後で負けてしまいました。

松井、本田のシュート、あとちょっとのところで外れてしまって・・・(;>ω<)/

ディフェンスもあとちょっとのところで入れられてしまいそうなヒヤヒヤ場面が何度かあって、、

こういう試合ってハラハラ、ドキドキしっ放しで心臓によろしくない。


でもこんなに手に汗握る試合ってないだろう。

小森純ちゃんの「<2-1>予想」は途中から完全にぶっ飛びました。

(会社の同僚に宣伝しすぎたとちょっぴり後悔…)


1点が遠い!!

逆に、点を取られそうになるところを必至に食い止めるたびに冷や汗が、、、


そして最後のPK戦。緊張度200%!

パラグアイの5人目がキックするとき、日本選手は全員ひざまずいて肩を組んで祈っている姿が印象的でした。

その祈りもむなしく決められてしまい、その瞬間日本のベスト8への夢は砕け散ってしまいました。(涙)


これまでの緊張と興奮が、これまで頭の片隅にしかなかった敗退という残酷な現実によって覆い隠されていく。

これで終わりという脱力感・・・


体を折り曲げて号泣する駒野選手。その肩を抱いている松井選手の目も涙に濡れている。

本田選手も、中沢選手も、、、

莉王(トゥーリオ)選手が一人茫然と座り込んでいる姿が印象的でした。



興奮が醒めやらず、3時になっても4時になっても寝つかれません。

結局ずっと「ラジオ深夜便」を空っぽの頭で聴いていました。


聴いていても選手たちの姿が目に浮かんでは消え、眠れないうちに外が明るくなってきました。


でも、落ち着いて考えると、最初はここまで来るとは思っていなかったのに、監督の采配と選手全員の頑張りでここまで来たこと自体すごいことだったんだなあと。

ベスト8への夢は叶わなかったけれど、あと一歩のところまで来れたこと自体、素晴らしいことだったんだよなあ。

(にわかサッカー・ファンである自分にも)そんな夢と感動を与えてくれた監督と選手たちに、心からお礼を言いたいと思います。


感動をありがとう!!!



【デンマーク戦のハイライトであの感動をもう一度!】





<関連記事 「YOMIURI ONLINE」より>

PK戦までもつれ込んだ激戦から一夜明け、宿舎出発前に報道陣の取材に応じた岡田武史監督(53)は「ぜいたくは言わないが、もう1試合やらせてやりたかった」と語った。

自身の今後については「(続投は)ないですね。サッカーのことは当分考えたくない」と、代表監督からの退任と、しばらく充電期間を置く考えを示した。

29日の試合後は、宿舎に戻り、選手とスタッフで食事。その席で岡田監督は自らの座右の銘である「人間万事塞翁が馬」を持ち出してあいさつしたという。

「勝つこと以上に指導者としての喜び」と充実感を口にしたのは、W杯直前の強化試合で4連敗を喫しながらも、チームが結束を強め、監督が求める理想像に近づいていったことについて。

2002年日韓大会に並ぶW杯過去最高成績のベスト16進出に関しては「1回の結果だけではなく、長い目で判断してもらわないと」と自己評価を避けた。

一方、選手たちは無念さがこみ上げてきた様子。田中マルクス闘莉王(名古屋グランパス)は「昨晩は眠れなかった。もう120分間(試合を)やってもよかった」。ゲーム主将の長谷部誠(ウォルフスブルク=独)は「もっと、このチームで戦いたかった、という実感がわいてきた。今は本当に寂しい」と話した。

(読売新聞 2010年6月30日21時42分)








posted by 酔ing(すいんぐ) at 22:19 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。