2010年04月06日

ダイアナ・クラールの Fly me to the moon

YouTubeで、またいい動画に出会いました。

ダイアナ・クラールの「Fly me to the moon」。

ダイアナ・クラールって今まであまり聴いたことなかったのですが、この曲はなかなかいいです。

というか、自分の好みの曲です。(笑)




ピアノ弾いて、歌が旨くて、ルックスもいいなんて、天は二物も三物も与えてしまうんですね〜。

1954年の作品ということですから今から56年も前の曲ですが、そんなことはまったく感じさせずに新鮮な輝きとパワーを吹き込んでくれています。

作詞・作曲はバート・ハワードというピアニストで、当時歌手のメイベル・マーサーの伴奏を勤めていたそうです。

この曲の題名は、当時『In other words』でしたが全くヒットせず、62年に『Fly me to the moon』と変更され、ジョー・ハーネルのバンドが出したレコードがヒットして有名になったということです。

確かに「言い換えれば」よりは「月へ飛ぶ想い」の方がロマンチックでいいですね。


ダイアナ・クラールがピアノも歌もクールにスイングしているところがグッときてしまいます。♪(★^▽^)V








posted by 酔ing(すいんぐ) at 22:36 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。