2010年03月14日

在素知贅(ざいそちぜい)

昨日の読売新聞に「大平正芳生誕100年」に関して、元政治記者で当時総理番だった橋本氏の記事が掲載されていた。

その中で、大平元総理が好んで使ったという「在素知贅(ざいそちぜい)」という言葉が紹介されていた。

記事の中では「シンプル・ライフ・アンド・ハイ・シンキング(思想は高く、暮らしは質素に)の漢語版」と書かれている。


いい言葉だなあと一目で気に入ってしまった。


昔、経団連の会長だった土光敏夫氏の「メザシの土光さん」を思い出した。

東芝や石川島播磨重工の社長でありながら質素な生活スタイルを変えようとしなかった土光さん。

ちょっと小金が入ると億ションや外車を買ったり豪邸に住んだりと、そんな成り上がり社長とはスケールが違っているところが好きだ。

「在素知贅」はそんな土光さんのイメージをぴたりと言い表している言葉だと思う。

大平さんもきっと通じるところがある人なんだろう。


早速、当ブログのプロフィールの中で「好きな言葉」に使わせてもらうことにした。(^^ゞ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

土光さんのエピソードが載っているサイト「国際派日本人養成講座」<人物探訪:土光敏夫>を見つけました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



タグ:在素知贅
posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:54 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック