2010年02月19日

フリーソフトが7000円の市販ソフトに勝った!

慢性的なCドライブの容量不足に悩まされていましたが、ついにその悩みから解放される日を迎えました。


一昨日もこのブログで書きましたが、「EASEUS Partition Master 5.0.1 Home Edition」というソフト。今日の夜、ついにこのソフトを使ってCドライブの容量を増やすことに成功しました!


CMではないけど、ありがとう、いいソフトです!って感じ。


一昨日はこのソフトを窓の杜で見つけてパソコンにインストールしただけでした。


何となく使いやすそうという感じはしましたが、日本語版ではないし、過去の忌まわしい体験(7000円の市販ソフトで失敗、ハードディスクを初期化した)が蘇って使う勇気はありませんでした。

でもこのままパソコンを使い続けていれば、そのうちCドライブは500MBを割り込んで動作も不安定になるのは目に見えています。


とりあえず必要なデータはバックアップしまくりました。

で、いよいよ今夜決行です!


やる前に、念のため「EASEUS Partition Master」で検索し、操作についての情報を集めました。

辞書も引きました。(Unallocated Space=未割当の領域←こんなの別に辞書で引かなくてもいい?)


さあ、あとはやるっきゃない!


滑り出しは順調。しかし、途中でこの画面でストップしてしまいました。

partition_master.gif

Enter the new partition size and specify the location of the selected partition.
とあり、Size and Positionとして新しいCドライブの容量が一目でわかるような横長の棒グラフが示されています。

その下に
Unallocated Space Before:(  0  )MB
Partition Size:  ( 17508.8 )MB
Unallocated Space After: (  0  )MB
Cluster Size

とあり、このPartition Sizeが新しいドライブの容量であることは分かるのですが、「Unallocated Space Before」と「Unallocated Space After」の数字0をいくつにしたらいいのかが分からないのです。

しかし「Unallocated Space Before」と「Unallocated Space After」の数字を適宜入れたときに上の棒グラフに黒い色の領域がその分だけ出てくるので、これは新しいパーティションを作るときの領域ではないかと推測し、どちらも「0」のままOKをクリックして操作を進めるとあとは順調にいきました。

(この段階では失敗してもUndoボタンでやり直しができるそうです)

最後にApplyボタンを押すと実際の作業が開始され、Operation1(Dドライブのリサイズ)、Operation2(Cドライブのデータ移動)にそれぞれ15分、45分かかりました。


一連の作業が終了後、無事に再起動してくれるかドキドキしましたがいつもの再起動音がしてホッと胸をなでおろしました。

すぐにマイコンピュータでCドライブを見ると、17.0MBと7GB増えていました。よかった〜〜(>_<)


これでデフラグもできるし、You Tube の新しいサポートも受けられる。


このブログも中断しなくてすみそうです。(^_^;)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

尚、念のため、このソフトは窓の杜でダウンロードしました。

また、操作の説明は「PC元気コム」での説明がわかりやすかったです。尚、上の画像はこちらからお借りしたものです。







posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:29 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。