2010年01月29日

本がお酒になって消えた…

今日は、仕事帰りに桜木町駅近くの地下の立飲み屋で軽く一杯飲んでから、途中、伊勢佐木町のブックオフに寄りました。

半年前退職したとき、前の会社のときに仕事で使っていた本を(同じビル内なので)そのまま今の会社に持ってきました。が、まったく使わないということが分かったので、家に持って帰ろうと思ったのです。

ところが本2冊って結構重いし、家まで持って帰ってもどうせ読まないだろうと思い、古本屋に引き取ってもらおうと思いつきました。値段がつかなくてもそのまま置いてこれるので、捨てるにしても紐でくくってゴミに出すより面倒くさくないし。


桜木町から伊勢佐木町のブックオフまでは歩いて15分くらい。かなり大きな店です。買取のコーナーは初めてでしたが、若いお兄さんが受け付けてくれました。

かばんから2冊取り出して渡しました。すると、

こちら(厚い方)は150円、こちら(薄い方)は50円になりますが。

(おッ!値段が付いた!やった〜♪)ハイ、結構です!


というわけで、古物商なんたらかんたらという書類に住所と名前を書いて、となりのレジに持っていき、めでたく200円をゲットしました。


その200円って金額…、その前に立飲み屋で飲んだコップ酒の値段と一緒だあ。本がお酒1杯に化けて消えてしまいました。








posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:56 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。