2010年01月10日

忍び寄る老化に向き合うと道が開ける…?

最近、60を過ぎてから、気のせいなのかもしれないけど、老化が始まってきているように思う。

気のせいじゃないよ、60なんてもう立派な年寄りだよ。って思う反面、今の60なんて昔と違ってまだまだ若いって気もする。

政治の世界では50、60、ハナタレ小僧って言われているようだし…。

でも、日常生活でだんだんと出てくるんです。色んな困ったことが。

まず、名前が出てこない。人の名前が一番多いけど、その他諸々、思い出せなくなっていることが増えてくる。でも後でふっと思い出すこともよくある。

ちょっと前のことをすぐに忘れる。今朝食べたものを、夜もう思い出せない。ましてや昨日食べたものなんか無理。

物を落とす。物にぶつかる。

新しい電化製品を買っても使い始めるまでが面倒。説明書を読む根気がなくなってきた。

部屋を片づけられなくなってきた。片づけるのにテンションを高めてでないと始められない。

字を書くのにペンが思うように動かない。

パソコンで、前は簡単にやっていたことなのに、やり方を忘れている。

運動はまずしない。月14日の通勤のときぐらい。せめてもの運動ということで、朝、ラジオ体操をやってる。(週4日ぐらい)

ああ、ちょっと考えただけでこんなに色々出てくる。まだ思い出せないこともいっぱいある。

でもこれだけ色々自覚しているんなら、これを意識して気をつければいいということになる。

サプリと一緒に運動をやって、本を読んで少しでも呆けないよう頑張ろうっと。



posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:56 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。