2012年08月30日

久しぶりのラーメンツアー

久しぶりに職場のみんなとお昼、一風堂に行きました。


いつもは適当に社内食堂に行くのですが、今日は徒党を組んで総勢7名、近くのみなとみらいクイーンズ・イーストにある一風堂に行ってきました。


一風堂のカード所有者(相当回数行かないとカードを所有できないらしい)であるMさんの呼びかけで、元祖博多ラーメン「零(ZERO)」の限定販売が終了する8月中にと、急遽計画・実行されたのです。


1年ぶりくらいかと思ってこのブログを遡って調べたら、もう2年近く経っていてビックリ。(2010.11.18 昼休みのラーメンツアー


11時半くらいに到着。幸いまだ列はなくて、離ればなれですがとりあえずすぐに座れました。

まだ並んでなくてラッキー!

ゼロの大きなパネルが出ていました


今日の「零(ZERO)」は、一風堂の創設者、河原成美氏が修業時代に生み出したと言われる一風堂の原点とされるラーメンだそう。


それほどラーメンの味の「違いが分かる男」ではないけれど、今日のゼロは旨いと思いました。これで630円は安い!

限定販売の零(ゼロ)です

真上から撮ってみた


いつもはカロリーを気にしながら食べるのですが、今日は特別、ということで替え玉も頼んでしまいました。

うんめ~!と感激


一緒に行った初参加のK君はあまりの美味しさに感激して、今度自分の家の近くの一風堂を探して行くと言っています。(笑)


でもラーメン通でもない自分は、たまに食べるから美味しいと思うんであって、毎日はちょっと無理かなあ。


K君の気持ちは分かるけど。


でも正直旨いので、また時々は行きたい。Mさんまた次回のツアーを楽しみにしてま〜す







posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:59 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 職場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

仮面高血圧だって

一月おきに高血圧と前立腺の薬をもらいに掛かり付けの医者に行っています。

昨日もちょうどその日でした。

毎日朝晩2回、血圧を測って記録する「血圧手帳」を持って先生に見てもらいます。

最近の数値は上が140〜150、下が90〜100くらいの時が多く、ひと頃より少し上がり気味。


手帳を見る先生の顔が、、ううう、、どことなく険しいものになっているような気がしてきます。(=_=;)


「塩分は控えてますか?」 「ハ、ハイ!・・・」


・・・じゃあ、測ってみましょうか、と先生。診察室の血圧計を側に持ってきて測り始めます。


結果は・・・・・・128−86 !!!(◎-◎;)


ウチではそんないい数字出たことないのに、どうしてなの??(例外として、お酒を飲んだ時は血管が広がってもっと低い数字になることはあったけど)


そういえば、前回ここで測った時も優等生のような値でした。(その時は、「朝飲んだ薬が効いているのかな」と先生が言ってました)


そして、今日、先生が言った言葉。


「病院で測ると数字が下がる人はよくいます。そういうのを『仮面高血圧』っていうんですよ」。


ヘッ、、仮面・・ですか・・・ ( ̄O ̄;)


何だかあまりいいイメージではなさそう。先生の前で仮面を被っているってこと?


下がっているんだからいいと思うんだけど・・・


今度の診察のとき、ウチの血圧計も持っていくことになりました。


果たして仮面の化けの皮が剥がれるのか、真実の姿は如何に?!

次回の診察が楽しみです。(笑)





posted by 酔ing(すいんぐ) at 21:34 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

3番目の孫、生まれる

ついに3人目の孫が生まれました〜。

8月10日、なでしこジャパンの決勝が3時45分からで、その直前2時55分に生まれたって。

女、男、そしてまた女の子でした。

娘からメールが届いたのは早朝6時ごろ。(なでしこの試合が気になり、寝ながら半分起きていたような状態だったから眠かった)

奥サンがワアワア言ってきたので、もうなでしこは負けちゃったんだよ、知ってるよって言おうと思ったら、そうじゃなくて、生まれたよ〜!ってことだったんだ。

予定日が15日で、それより早くなりそうっていうのは聞いていたからいつ生まれてもおかしくない状況だったんだけど、やっぱりいざ生まれたとなると、とうとう来るべきものが来たという一瞬身が引き締まる思い。

その日は会社の出勤日だったんだけど、朝電話して休みに替えてもらった。おめでとうございますなんて言われちゃったけど、なんで知っているのかなあ。

そういえばもう同僚にはその話をしていたから、もう話が伝わっていたのかも。

車で2時間ほどかかる産婦人科に行ってきました。面会時間は4時からだけど、生まれたばかりだから面会させてくれるよね〜、なんて甘かった・・・(涙)

4時までお待ちくださいなんて言われて1時間近くも待たされてしまった。でも待った甲斐があって3400グラムの大きな女の子をガラス越しに見れて、新たな孫の誕生を実感できました。

3番目の孫誕生

上の2人の孫と似ている。あたりまえだけど・・・

その孫たち、今ウチに来てます。

上の子は分かっていると思うけど、下はまだ3歳だから妹が出来たってこと分かっていないかも。

なんで今親と離れてここにいるのかなんて不思議に思ったりはしていない様子。母親のことを思い出して泣いたりなんか全然心配なさそう。(笑)

会社の同僚が昔話をしてくれた。女の子が小さいとき下の子の出産でやはり祖父母の家に泊まりに行っていたときのこと。しりとりをしていて、「しまうま」→「ま」でママを思い出し、泣いてどうしようもなくなってしまい、ついには迎えに来てという電話を真夜中に受けて迎えに行ったという何とも微笑ましいお話。

その女の子、去年結婚して今は一児の母親になっています。

さてウチの2人の孫ちゃんはどうかなあ。

下の3歳の男の子、今のところママのマの字も言わないけれど、ある日突然、、、なんてことになったら・・・、やはり迎えに来てもらうのか、それとも自分が送っていくのか・・・




タグ:孫誕生
posted by 酔ing(すいんぐ) at 01:54 | 神奈川 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする