2012年07月22日

草刈機とうとう買いました

家庭菜園を始めて3年。いつもこの時期は "草取り" という一番嫌〜な作業の季節です。

引っ越し前は市民農園を借りていましたが、面積もわずかだったので、手で草むしりをしていました。

今は引っ越しして1年半。元田んぼだった畑をお借りしていますが、面積は前の4〜5倍くらい。なので去年夏の草むしりは、その労力たるやハンパではありませんでした。

が、周りの畑を見ると、みんな草刈機で自分の畑の草を刈っています。

素人の私からすれば、農作業のプロみたいな道具です。

まず、あの音。

電動ノコギリで製材しているような、ブ〜〜〜ンというあの音。

そんなプロ仕様の道具をまさか自分が使うなんて、思ってもいませんでした。

が、この暑さの中、容赦なく生い茂る雑草を手で一本々々刈り取るのはどう考えても無理。ついに草刈り機のお世話になろうと決心しました。

そこで昨日、近くのビバホームに行って、一番安い草刈機を買ってきました。(タナカPCG22EASP 13,800円)

タナカエンジン刈込機PCG22EASP

初め、充電式でプラスチックの刃の草刈機にしようと思っていましたが、力が弱いみたいで、ウチの畑に生えているような "こわもて雑草" には歯が立たないということが店員さんの説明で分かりました。

そこでいよいよ、清水の舞台から飛び降りる覚悟?で、思い切ってカットソー付のエンジン草刈機を買うことにしたのです。
ヽ(≧◇≦)ノ

回転刃には怖くて触れません

これでも一番小さいサイズです

そして昨日、畑の地主さんのご指導もいただき、ついにエンジン式草刈機デビューしました〜!!

でも、やってみると意外と面白い。

憎っくき雑草どもをこっぱみじんに粉砕する爽快感!!

今まで1本々々手で抜いていたのがまるで嘘のよう。まるでバズーカ砲をぶっ放すように一網打尽にやっつけてやる〜!って感じ。(笑)

一網打尽にやっつけたぜぇ(笑)

面白くてつい夢中になり、気が付くとガソリンが空になってエンジンストップしてしまいました。

いつの間にか1時間以上経っています。それに右手、右腕がわなわな状態。( ̄ェ ̄;)

昨日はそこまでということで、中止しました。

そして今日。何と奥サンが私もやると言い出しました。

最初のエンジン始動のところだけやってあげましたが、後はスイスイと私よりずっと上手くやっています。

奥サンの方が上手く刈っています


先日のペンキ塗りもそうだったけど、我が家のDIYは完全に奥サン主導型です。/(・。・)






posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:58 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

大人の鉛筆、職場で人気

先日、「大人の鉛筆」を職場で初めて使ってみて使い心地がよかったので、周りの同僚に教えてあげたところ、自分も欲しいという声が予想以上に多くてビックリ。 (^◇^ ;)

先日購入したのは自分用に2本と予備に2本計4本買っておいたのですが、結局自分用は1本となり、残り3本は近くの席の3人にお譲りしました。(原価でですけど)(^^ゞ

ところがその後、他の人からも欲しいという声が相次いで、今日また職場で注文取りをしました。色もナチュラル、藍、茜色、黒と様々で、硬さは全員HB希望です。

本当はみんなにショップのアドレスを教えてあげれば一々私が取りまとめなくても済むのですが、あまりネットで購入するのに慣れていない人もいるので、ここは乗りかかった舟ということでご要望にお応えすることにしました。

結局今日は全部で7本の注文を取りまとめ、予備3本と併せて合計10本をさっきネットで追加注文しました。先日と併せて何と14本!ネットショップの谷口文榮堂さんとメーカーの北星鉛筆さんから表彰されるのでは・・・(笑)


でも既に使い始めた人の評判は上々で、中には自宅用とか家族用とかで追加注文する人も。ただ最初は芯を削るのに慣れてなくて、芯を十分引き出さずに削ったりくるくる回すのがぎこちなかったり。でもすぐに慣れたようです。

また最初に既に入っている芯がBなので、HBと思って使っていると柔らかくて芯が減るのが早い感じがします。これは他の人も言っていました。

自分はまだ1週間ほどしか使っていませんが、使い心地はとてもよく、使い込むほど手に馴染んでくるという謳い文句はウソではない気がします。


職場ではまだこの「大人の鉛筆」を知らない人の方が圧倒的に多いので、これから自分の周りで使い始めると、この後またどんどん流行っていくかも。(笑)


世間では2011年日本文具大賞ということなので、いささか流行遅れのような気もするけど、でもやはり世間で流行るものはそれなりに人を惹きつける魅力があるということなんだなあと感心しています。



タグ:大人の鉛筆
posted by 酔ing(すいんぐ) at 23:13 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 職場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする